スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ:番外編

Hi!
サウスピ団福井県支部の「GWは兵庫に旅行しようと思っているほう」、すいーとです。
 
 
 
さて、今日はシリーズの番外編ということで、「強化」で最も大事なことのひとつを紹介しましょう。
 
 
繰り返し行う。
 
勉強、スポーツ、音楽……あらゆる分野でこの言葉が使われていると思います。
 
さて、ではなぜ「繰り返し行う」ことが重要なのでしょうか。
 
・一度では覚えられないから
・一度ではできないから
・何度もやると上達すると思うから
・何度もやると失敗が少なくなると思うから
・他人にそう言われるから
……
 
他にもたくさん理由が考えられると思います。
 
 
以前から、「強化する」ことで「強化された行動が増加する」と言ってきましたね。
「できるようになる」と言ってもよさそうなところを、なぜ回りくどく「行動が増加する」と言うのか。
 
その答えは、「強化は繰り返せば行動が増加するが、繰り返さなければ減少する」からです。
これをほとんどの人は「経験」として知っているから、上のようなたくさんの理由が出てくるんだと思います。
 
 
 
例をあげましょう。ヨーコちゃんはシゴトの対価として、長官からを給料を貰っています。
歩合制なので、ヨーコちゃんは働けば働くほど給料が上がります。
 
まず、初めての月に、「ヨーコちゃんは自分の予想以上の給料がもらえた」とします。
更に、次の月はそれ以上の給料が入りました。
その次はもっと、次の次はさらにもっとと給料とシゴトの量は右肩上がりに上っていきました。
 
この時、ヨーコちゃんがシゴトをすることに対する強化子は「給料が上がること(前回より多くの給料をもらうこと)」になっています。

では、次の月にシゴトをあまりしなかったので給料が一気に下がったとしましょう。
強化子がもらえなかったばかりか、「不快な結果を与えられた」と感じるかもしれません。
いわゆる、「正の罰」です。
 
こうなると、行動、つまりシゴトをするということは減少してしまいます。
これが続くと、さらに減少していきます。
 
 
つまり、シゴトをずっと続けさせるには「強化」を繰り返し行わなければならないということになります。
 
 
バトスピでも、繰り返しバトルしてデッキの感覚を掴むことを重要に思っている人は多いと思います。
それには確かに根拠がありますので、ぜひ習慣として大事にしていただきたいと思います。
 
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!




スポンサーサイト

Part21.5すいーとのデッキ

Hi!
サウスピ団福井県支部の「結婚したいほう」、すいーとです。
 
 
[バトルスピリッツ]サウスピ団福井県支部 Part21.5
 
 
今回、こちらの動画で使用したデッキを公開します。
 
 
ダブルノヴァ@すいーと仕様


さて、防御札を雑にしすぎたせいで動画ではノヴァの召喚には至りませんでした。ハハッ。
 
 
まず「明星きらめく花園」がキーカードになります。
このネクサスがある限り、ダンデラビット、ゴクラクチョーはライフブースターになり、その他のほとんどのスピリットでライフ回復が行えます。
場持ちはこれで。
 
 
天星馬ペガシーダはダークヴルム・ノヴァ召喚のきっかけになります。
ライフチャージとのコンボは言うに及ばず。莫大なアドが稼げます。
 
ジークヴルム・ノヴァは軽減して5コスト支払うことで妥協します。
ヤシウム、プリズモルフォ、ジーク・ブレイヴがいるので軽減を稼ぐのは容易。
 
 
今回、こういう構築にしたのは、ノヴァ召喚までのプロセスをひとつのストーリーのようなものにしたかったからです。
 
兎座、風鳥座、乙女座、巨嘴鳥座、竜座。数多の星座の象徴に、「ジークヴルム」の名を与えるブレイヴが宿ったとき超新星する光のノヴァ。
ペガサスに導かれてまだ見ぬデッキの闇から超新星する暗黒のノヴァ。
宵と明、相反する2つの時を象徴する明星がきらめき、6色に輝く蝶の舞う花園に、光と闇のノヴァが並び立つ。 
ドラマティックでいいじゃないですか。
 
カシオペアシールの存在感を忘れるほどに。
 
え?やっぱ気になる?
 
…ですよねー。正直、あれを絶甲氷盾にしておけば何も問題なかった気がします。反省。
 
 
もう少し調整してみます。
 
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

まおーの剣製貧弱、なPart21.5〈追記あり〉

TCGなことで福井の名をどうにかして広めようとするサウスピ団。
よぅ、れーばですわよ。
サウスピわ(´・ω・`)

[バトルスピリッツ]サウスピ団福井県支部 Part21.5

前回と同日撮影、ゆえに小数点回。

今回はUBWがそれとなく行われましたが、まおーの剣製は貧弱ですね。
ええ、もっと上手くやれるはずなんですけども。
その後、デッキ見てダメ出しと修正しました。

あと、あいつはデッキレシピを書かないからな。
全く、マイデッキでもやれってんだよ。
ま、言うても聞かないんですけど。



話は変わって、青Xの情報がありましたね。
いやぁ、あいつはいいもんだ。
何てったって、ヤマタノヒドラを踏み倒して出せるんですからね。
まあ、使ってみないと、今のスタイルとどちらがいいか、判断出来ませんからね。
何せ、ケースバイケースなもんで。

片方が強い場面もあれば、もう片方の方が強い場面もある。
それらは一長一短。
そんで、いくら想像したところで、まだ実物は使えませんから。
東海CSで使えないのなら、考えるだけ無駄です。


[追記]
こいつぁ謝罪もんだぁ・・・・・orz

いち早くコメ下さった方、ありがとうございます。
動画中にて、ゴエモンの効果は、『シンボルを増やす』ではなく、『シンボル2つにする』でしたね。
にも関わらず、バゼル+バイソンが3点削ってます。
正しくは、2点しか削れません。

バラガンにも同様の効果を使った場合、結果は同じ(ライフを削れるだけのシンボルは足りてる)ですが、動画中では使っていないため、勝敗に影響した可能性があります。

編集中も気付かなかった点、深くお詫び申し上げます。

Part21:すいーとのデッキ

Hi!
サウスピ団福井県支部の「猫舌のほう」、すいーとです。
 
なかなか寝られないのでこんな時間(1時すぎ)に更新ですわよ。

今日はこちらの動画ですいーとが使ったデッキを紹介します。
[バトルスピリッツ]サウスピ団福井県支部 Part21
 
ヒザまくら大好きなすいーとが組んだアンブロッカブルデッキがこちら
↓ 
絶対領域フライト
 
 
動画ではできていませんが、シンデレラを主軸にまわしていきます。
 
シンデレラの効果は相手のライフが「減ったとき」トラッシュのマジックを手札に戻します。
アンブロッカブル効果を持つカードと組み合わせることで疑似的な【光芒】のように機能します。
 
特にウィングブーツとの相性は抜群。
 
カイメイジューはどうしてもシユウと比較されがちですが、強力なブレイヴです。
Lv.3のスピリットを指定してウィングブーツを使いやすくしたり、アタック毎に効果が使えるのでリブートコードでの連撃でも常にアンブロッカブル効果を発揮できます。
オリンピアの天使ファレグで指定しきれなかったスピリットを指定する、穴埋めの意味もあります。
シユウほどアドバンテージは稼げませんが、上記のコンボをすることでシユウ以上の活躍が見込めます。
 
件のシユウはトラッシュを肥やし、シンデレラの効果によるマジック回収を加速する意味があります。
極端な話、トラッシュに一枚もカードが無い場合でも、シンデレラ×シユウの合体スピリットがいればマジックを入手できる可能性があります。
 
ムサシード・アシュライガーは決してオマケではありません。
Lv.3を持つ3点シューターはアンブロッカブル効果を活用するこのデッキではまさに最強のフィニッシャーです。
ファレグ、カイメイジュー、ウィングブーツでしっかりお膳立てしてアタックを決めたいところ。
 
 
参考になれば幸いです。
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

白亜元帥レイ・ザウラー

Hi!
サウスピ団福井県支部の「冷たい食べ物がニガテなほう」、すいーとです。
 
白亜元帥レイ・ザウラー 

コスト7・軽減白4
<1>Lv.1BP6000
<2>Lv.2BP8000
<4>Lv.3BP11000
Lv.1.2.3
このスピリットは相手のスピリットの効果を受けない
Lv.1.2.3「相手のアタックステップ」
ステップ開始時、相手のスピリット1体を指定できる。このターンの間、指定されたスピリットはアタックできない。
Lv.2.3「このスピリットのバトル時」
バトル終了時、自分の白のスピリット1体を手札に戻すことで、このスピリットは回復する。
 
 
新しい白の裏X。
相手のスピリットの効果を受けないのはグロリアス・ソリュートと同じ。
この効果が強力であるのなら、ソリュートだって流行っていてもおかしくはない。
マジックでブレイヴも剥がされるし、長城で強制アタックさせられるし、ペンドラであっさり除去られることもある。
ただ、サイゴーやヤマトでの除去、バラガンのバウンスに耐性があるのは安心。過信は禁物だろうけど、オマケとしては充分な能力。
 
2つ目の効果は白が得意な強制アタックとは逆の効果。
効果の発揮が強制で無い点と、対象に制限が無い点で「英雄皇の御盾」の効果より使いやすい。
 
3つ目の効果は自分の白のスピリットをバトル終了後に能動的にバウンスできる。
既に疲労しているスピリットを戻して連続アタック、ブロックすればムダが無い。
また、ブレイヴを利用すれば元々の色が白でなくとも手札に戻せる。
 
 
白のカードは総じて防御寄りだけれども、ヤマトを踏んでも大丈夫☆(イナ〇物置風に)、アタック済の白スピリットをバウンスして回復、相手のターンが回ればアタック抑制、と比較的攻撃的な動きができる。
 
大型スピリットなのでナウマンシティーなどを活用した【白重】とも相性が良く、この場合はすべての効果が防御に働いてくれる。特にアタック抑制はミブロック・ブレイヴァーの効果を活かしてくれる。
 
 
さて、まだ考察するには時間が要るか。というか俺の酔いが醒めなきゃダメだ。
 
 
今日はデッキレシピを載せるつもりでしたがこれからちょっとひと用事あるのでまた明日。
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

絶対領域大事!なPart21

チヒロが女の子とか、キャラデザの時点で分かってたわ!

おはようからお休みまで、暮らしのバトスピを見守るサウスピ団。
ども、れーばです。
サウスピわ(´・ω・)/

今回の撮影物↓
[バトルスピリッツ]サウスピ団福井県支部 Part21

100%のパフォーマンスは発揮されてない同士の戦い。
特にまおーに至っては、それらしい気配すら・・・
UBW(Fateの方じゃないよ、Unlimited Bazzel Worksだよ)は、後々発揮することもあるでしょう。


さて、こっちじゃこんなことしか書けないな。
ま、元々がすいーとさんの個人ブログだし。

しばらくは俺もバトルしそうにないしな。
デッキ作ってないから、レパートリーないんよ。
一応東海CSへの準備から、あんまりカード分散させたくないってのもあるね。

そんなわけで、しばらく編集作業ばっかかなー

シリーズ:初心者の方に伝えたいこと(その⑥)

Hi!
サウスピ団福井県支部の「ウサギの抱き枕を使ってるほう」、すいーとです。
 
 
だってウサギ好きなんだもん。
 
 
さて、すいーとの初心者強化プログラム第六回。
今回は、「段階強化」とデッキ作成についてお話します。
 
 
まず、デッキ作成のやり方ですが、これは上級者個人個人で違ってくるもので、しかもどれが正しいということはありません。
そのやり方で勝てれば問題は無いのです。
ですから、今回はデッキ作成のやり方はともかくとしておいて、「段階(的)強化」というものを覚えてくださると幸いです。
 
早速、「段階強化」を例をあげて紹介します。
「段階強化」は、ひとつの目標を達成するまでの行動を、いくつかのステップに分割して、それぞれを順に強化していく強化法です。
目標が困難なものである場合は特に有効です。 
 
じゃあ、イヌの「飼い主が投げたフリスビーを空中でキャッチして飼い主の元へ届ける」という行動を強化したいとしましょう。
 
まず、「飼い主が投げたフリスビーを空中でキャッチして飼い主の元へ届ける」ことをなるべく細かく分割します。
分割したら、1から順番にそのステップを強化していきます。
ある程度できるようになったら、強化をやめます。するとイヌは報酬を得るために別の行動を模索しはじめます(オペラント反応)。
模索した行動が次のステップにあてはまったとき、それを強化していきます。
また、ある程度できるようになったら強化をやめ、試行錯誤をさせていきます。
 
こうして、目標の行動へ導いていくのです。
 
目標:イヌが「飼い主が投げたフリスビーを空中でキャッチして飼い主の元へ届ける」
強化ステップ
1:フリスビーを見たとき強化する(以下、強化略)
2:フリスビーを嗅いだとき
3:手元で動かすフリスビーを目で追ったとき
4:フリスビーを咥えたとき
5:近くに投げられたフリスビーを追いかけたとき
6:近くに投げられたフリスビーを咥えたとき
7:近くに投げられたフリスビーを咥え続けたとき
8:近くに投げられたフリスビーを咥えたまま飼い主のほうを向いたとき
9:8の状態で飼い主に近づいたとき
10:9の状態で飼い主の前でフリスビーを放したとき
11:フリスビーが遠くに投げられた場合、5~10までの行動と同じことをしたときそれぞれに対して
12:飛翔中のフリスビーに対してなんらかの行動を起こしたとき
13:飛翔中のフリスビーをくわえたとき
14:13の行動を加えて、なおかつ11の行動すべてを行ったとき(完成)
 
もちろん、これはフリスビーに全く興味のない個体の場合であって、個体によってはいきなり10の行動ができるものもいます。その場合はそこからステップを組めばいいのです。
 
これが「段階強化」です。
 
人間でも同様。
目標が「宿題をする」なら
1:机に向かう
2:教科書を取り出す……
3:…
とかいった感じでステップを組んでいきます。
 
まあ、カンタンに言えば、「目標までの道のりを把握して、ひとつずつやっていきましょうよ」ってコトです。
 
さて、んじゃデッキ作成についてハナシをしましょうか。
 
 
初心者がデッキを組む場合も、ステップを用意することが大事です。
先にも言いましたが、教えるほうの上級者それぞれにやり方があるので、そのやり方を分割して順に教えていけばいいと思います。
 
とはいえ、だいたいまずはキーカードを決める(ヒドラデッキやマ・グーデッキなど)か、主となる戦法を決める(ウィニーデッキやアンブロッカブルなど)かのどちらかが最初のステップになると思います。
 
ここでは初めにキーカードを決める場合のデッキ作成を分割していきましょう。
 
 
目標:ヒドラデッキを組む
1:霊峰魔龍ヤマタノヒドラをデッキに入れる
2:ヤマタノヒドラを召喚する方法を考える(コアブか、軽減か)
3:2を実現できるようなカードを探して入れる
(カードの種類、コスト、色、枚数が分かるように並べる)
4:ヤマタノヒドラの効果を最大限活かすか、Lv.1から運用していくか決定(ここでは前者を選ぶ)
5:ヤマタノヒドラをレベルアップさせる方法を考える
6:5を実現できるようなカードを探して入れる
7:現時点での弱点を考える
8:弱点を補えるようなカードを探す
9:8が実現できるようなカードをネクサスを優先して入れる
10:仮想敵を作り、何回か練習試合をする
11:勝因となったカードを残し、敗因となったシチュエーションで活用できなかったカードを別の効果を持つカードに差し替えて練習試合を続ける
12:霊峰魔龍ヤマタノヒドラを召喚し、レベルを最大まで上げ、相手に妨害されずにアタックを連発できるようなデッキに仕上げていく
 
と、こんな感じでしょうか。
何か不足部分があればツッコミお願いします。
 
デッキ作成の場合はこういう流れを試行錯誤させる必要はないでしょう。
ただ、流れを「型」として自分のモノにしておけばあらゆるデッキ作成の基礎になります。
こうしてステップを分割し目で見えるようにすることで、ひとつひとつの行動の意味を確認し、具体的に実行できるようにしておく意味があります。
 
上級者の方は、自分のデッキ作成のステップがどういうものであるか確認し、初心者の方は、上級者の方のデッキ作成をよく見て手順をまねることが大事です。
 
 
 

……日付変わっちゃったな。
 
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

Image 19 トライアルデッキは遊ぶもの

いつもニコニコあなたの隣に這いよるサウスピ団!!

TCGなことで福井の名をどうにかして広めようとするサウスピ団。
よぅ、れーばですわよ。
サウスピわ(´・ω・`)

今回はね、わざわざ遠くから遊びに来てくれた方を交えての対戦動画になっております。

[ヴァンガード]サウスピ団福井県支部 Image19 〈銀狼vs雷竜〉
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17629659


やっぱね、デッキに1枚とか、そうそう引いてこれないって。
それでも何とか戦えるのは、相手もTDだからだよ、うん。

デッキ内容とか・・・書くまでもなく、TDそのままだしなぁ。
使った側の感想としては、とりあえずサンダ―ブレイクのために4つ買えってとこかなぁ。
ま、私は買いませんけど。



次回はバトスピ対戦動画だね。
ええ、こっちの方が気合入れて戦ってますよ。
けど、編集間に合うかなぁ。
他にも色々したからなぁ。

こうご期待!

100gあたり375円くらい

Hi!
サウスピ団福井県支部の「彼氏はいないけど別に欲しくもなんともないほう」、すいーとです。
 
 

デデーン
R0019856.jpg
 
缶つまプレミアム:ぶりあら炊きです。
 
こないだの缶つまプレミアム:広島産かき燻製に引き続き、ちょっと贅沢なおつまみを買ってきました。
 
 
今度のぶりあら炊きは固形量80gにして298円で購入。
例えば、サバ缶が固形量100gくらいで安けりゃ98円とかなんで、やはり高級な部類のカンヅメですね。
 
 
九州産『うまかぶり』が使われてるそうな。
大分のひろびろいけすぶりなら昔バイトでよく扱ってたけど、「うまかぶり」って名称はあまり聞いたことがないなぁ。
 
 
とりあえず開封。
 
R0019857.jpg
でろ~ん
 
 
こ…これは…皮がちょっとグロいですね。
まあ、あら炊きに対してそんなことを思っても言ってはいけません。
 
ブリは遠目で見ると割とツルツルに見えますが、頭のいくつかの部分以外は細かなウロコがたくさんついてます。
ですから切り身なんかだとよーく見てみるとウロコの痕があったりするんですが、これはそれが無いので頭部のツルツル部分のようですね。頭頂部か。
 
ゼラチン質でぷるんぷるん。皮にありがちな臭みは殆どありません。
 
R0019859.jpg
 
これはカットされてるのでわかりづらいですが、いわゆる「カマ」の中ほどの部分の骨と思われます。
無論、骨まで美味しく食べられる仕様。
カマの身は脂分が大変多いのでジューシーで美味しかったけど、ちょっとすいーとにはこってりしすぎだったかな。重いよ。
 
頭頂部、カマときて、あと中骨(もちろん身もついてるよ)、腹骨(もちろん身も)の部分も入ってました。
腹骨もちょっと脂多くて微妙。
でも中骨はギシギシした身が食べ応えあって良かった。
 
 
うーん、正直これにまた298円出すくらいなら素直に他のもの買うかな。
と、いうのも脂が得意じゃない嗜好になっちゃったからなぁ。
魚肉ならなんでもかんでも脂のってりゃいいってモンでもないんだよね。
 
まあ、寿司屋行ってもアブラ系のものを嗜好する人なら美味しくいただけるんじゃないだろうか。
 
 
 
………
 
 
 
さて、今日は昨日バトスピとかした面々とすいーと宅でなんやかんやしました。
動画が上がったら今日のこと書こうかな。ネタバレしちゃうし。
 
ともかく、小学生にでもなった気分で楽しめた一日でした。定例化できるといいな。
 
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

動画の撮影風景(?)をちょこっと。

Hi!
サウスピ団福井県支部の「暑がりなほう」、すいーとです。
 
今日はれーばさんのSBでした。
 
まあ、結果は彼のブログで語られるんじゃないかな。
 
 
午前中は注文してたソファベッドが届くまで身動きできなかったので、正午くらいにショップに着くとまおーさんと、バトスピSNSとかmixiとかでマイフレンドの方も来てた。
 
午後から休みになったらしいふがくPも合流して、ふがくP宅で動画撮影をしてきました。
 
 
ヴァンガードの新しいトライアルデッキとか回してたかな。
 
事前にれーばさんがトライアル買うの躊躇ってたから、すいーとが100円玉出して「表裏を『当てたら購入』して、『ハズしたら払う』、な?」って言って数分後にはトライアルが彼の手にあった。
 
 
バトスピの動画も撮りましたよ。一応。
 
 
さて、今まで公開は無かったのかな?動画を撮ってるときはこんな感じでやってます。
 
 
R0019848.jpg
 
 
ま、これはバトル中ではないんですが。
奥のジベタでバトルしてるのはまおーさんです(相手はれーばさん:画面外)
 
撮影機材は「リコー:GXR」。レンズは…撮影時は何つけてたっけ?ちなみに機材は基本ふがくPのものですが、すいーとも同じ「リコー:GXR」を持っています。
カメラの嗜好が似てんだよね。
 
 
R0019850.jpg
 
 
バトル中(このバトルは動画撮影ぶんではないですが)はこんな感じ。
 
(フィールドをよく見てください。酷いですね。
 
 
ま、撮影風景の撮影なんてわざわざ公開するほど面白いモンではないですけど。
 
たまにはこういう普段の写真を載せるのもいいよね。
 
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

連勤で疲れてるんです。

Hi!
サウスピ団福井県支部の「今の恋が失恋したらビブラフォン買おうと思ってるほう」、すいーとです。
 
R0019544.jpg
黒猫ヤマトの宅〇便
 

 
 
 
…………
 
 
 
………… 
 
ヤマト「レッドスピリット・ヤマト!!」
 
サイゴード「ブルースピリット・西郷!!」
 
カグヤ「イエロースピリット・カグヤ!!」
 
セイリュービ「グリーンスピリット・劉備!!」
 
ブレイヴァー「ホワイトスピリット・勇!!」
 
 
ヤマト「バースト戦隊!」
 
全員「コアレンジャー!!」

 
R0019546.jpg
 
 
牛骨魔王「フハハハハハハハ!!来たなコアレンジャー!!
ここまで来られたことは褒めてやろう。だが!貴様らはこのワシに指一本触れることすらかなわぬ。貴様たちの相手は我がしもべだけで充分よ。ゆけ!霊峰魔龍ヤマタノヒドラ!

 
ヒドラ「がおー」

 
R0019547.jpg

 
牛骨魔王「え?ちょっ待っ…ワシじゃないワシじゃないうわなにをするやめっ……」
 
ヒドラ「がおー」

 
> お腹がいっぱいになったヒドラは山へと帰って行った
 
セイリュービ「確かに、指一本触れられなかったね。」

 
 
こうして、世界は平和になりました。
 
 
すいーとは酔いました。
 
ダメだ、回らん(頭が)
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

TCGは大事な趣味

Hi!
サウスピ団福井県支部の「純朴な娘が好きなほう」、すいーとです。
変なコト言いますが、ムダ毛処理が耳なし芳一状態の娘とか見ると剃ってあげたくなる。
 
…変態発言は以上(異常)だ。
 
 
このブログを見て下さっている方の殆どはバトスピ・ヴァンガードのプレイヤーだと思われますが、皆さんはTCGの他にどんな趣味をお持ちですか? 
 

R0019542.jpg
 
 
すいーとは学生の頃の部活動がきっかけで半年ほど前からマリンバのレッスンに通っています。
myマリンバの「マリンちゃん」(すいーと命名)は昨年末に約40万円で購入。
マリンバにしては安いほうですが、それでも大金だよね。
 
 
すいーとはバトスピを始めたのが第二弾:激翔のときでしたから、バトスピにかけているお金も相当な金額になっているハズです。
まあそれでも40万に達しているかどうかはわかりませんが。
キャリアが長く、幅も広いTCGプレイヤーの方は総額にするとすごい金額になってる方もいるでしょう。
新弾の度にカートンで買う人もいるしな…
 
 
本気でやってる趣味ですからね。私も、バトスピもマリンバも遊びでやってるつもりはありません。
あ、「遊びゴコロを持つ」ってのも趣味をやる上ではとても大事ですよ。でも「=遊ぶ」ってコトではないですから。
 
 
 
 
さて、本題。
 
自分が大好きな趣味を持つことは素晴らしいことですよね。
残念ながらTCGは日本では万人に感心されるような趣味ではありませんが、TCGを趣味としてやっている人には、それ以外の趣味と同じように堂々とホンキの趣味として認知すればいいと思います。
TCGで広がるあらゆる人間関係と、それを形成するきっかけの数々は決してバカにできるものではありませんから。
 
 
すいーとはバトスピがきっかけでサウスピ団に入団しましたが、サウスピ団員のふがくPから、すいーとは全くノーマークだったアイドルマスターのあれこれを教えてもらって、音楽の幅を広げることができました。
もちろん、いろんな音楽を知ることはマリンバの演奏に無関係ではありません。
行きついたところにTCGは関係ありませんが、TCGがきっかけになってくれなければ無かったコトです。
こういう思いがけない繋がりが見つかるというのも、TCGをやり続けていたらまたあるかもしれませんね。
 
 
TCG仲間と、もう一歩踏み込んでいろんな話をしてみると、お互いにとって良い発見があるかもしれません。
 
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

シリーズ:初心者の方に伝えたいこと(その⑤)

Hi!
サウスピ団福井県支部の「2次元より3次元なほう」、すいーとです。
 
 
当ブログもちょいちょいコメントをいただけるようになってきました。
この調子で閲覧してくださる方も増えていったらいいなぁと思います。
 
なにせ「福井の名を全国に轟かせる」のが組織の目標ですからね。
 
相互リンクなんかも増やしていきたいかな。うん。
 
 
 
さて、すいーとの初心者強化プログラム第五回。
 
 
初回は「信頼関係」についても書きましたね。
今回は、その「信頼関係」がバトスピのマナー・ルールの基礎であるということについて書きます。


まずはホンネで思っていることを前置きしておきます。 
 
マナーやルールの最も合理的な教え方は、それすら「強化」の一言に尽きると思います。
但し、この場合はマナーやルールのミスが他のプレイヤーに対して迷惑であることがありますから、そういうことを消去していくために「罰」も重要になりますが。
しかし、ゲームのプレイングやルールに関してならまだしも、マナーを「強化」「罰」していくのは正直、周囲のカードバトラーの責任ではないように思います。
 
家から持って来るモンではないでしょうか。そういうのは。
 
 
ホンネ前置き終わり。
 
 

とはいえ、SBなんかでは常連ともなるとマナー不足が目につく人もいると思います。
そうなると、ほうっておくワケにもいかんでしょう。
ここで当然のことと言えば当然のことですが「上級者は常に初心者の模範であれ」「初心者は常に上級者の分身であれ」と、言っておきます。
 
当然のことだし、口で言うのは簡単なことですが、難しいことです。
なぜなら、この通りにするには、上級者に「初心者を引っ張っていこう」、初心者に「上級者についていこう」という向上心が無ければ成立しないと思うからです。
お互いがお互いを見つめ、自分の行動を認知していくことができなければ、こういう考えはできません。
 
更に、この関係には向上心を支持するための「信頼」も必要になってきます。
 
 
つまり、対人ゲームであるバトスピにおいては
「信頼関係」⇒「行動の認知」⇒「向上心」⇒「オペラント反応」⇒「マナーの改善(強化)」
の順を踏むことが重要なのです。
 
 
例えばテーブルマナーなんかでは
「行動の認知」⇒「向上心」⇒「オペラント反応」⇒「マナーの改善(強化)」
で充分でしょう。自分本位のことで、自ら強化を行えることであれば、他人との信頼関係は直接かかわってくることはありません。
 
 
バトスピは2人以上で行うゲームですから、相手との信頼関係が基礎になります。
その信頼関係は、言葉のやりとりで形成されていくことがあります。
すいーとは、これが最も早く、効果的な信頼関係の作成方法だと思っています。
 
フラッシュがあるかないか、どのスピリットでアタックし、どの効果を先に解決するのか、そういった宣言すべきことがバトスピにはたくさんあります。
まず、これらをきちんと行うこと。
ついでを言えば、バトル終了後(フリーバトルがいいかな)に感想戦なんかを行うともっと親密になれるでしょう。
 
 
信頼関係が一旦できあがると、その後は指摘・観察によって自分のマナー、公式のルールに相手を引っ張ってくればいいのです。
 
ああ、いい例がありますね。
サウスピ団員のまおーさんはしばらく前まで合体スピリットのスピリットのみを疲労させていました。
他のサウスピ団員から動画の撮影中にまでツッコまれて矯正しましたが、そこでは
 
1.カードゲーマーとしてのキャリアが豊富なまおーさんが、他のカードゲーマー、友人に対して持っている信頼
2.バトスピをきちんとプレイしようという向上心
3.間違いに気づき、自分で疲労のさせ方を直す(オペラント反応)
4.周囲から指摘されなくなった(負の強化)
 
という4つの出来事が一瞬のうちに、順に、解決されたわけです。
 
しかし、仮にこれがまおーさんではなく、カードゲームのキャリア1ヶ月の小学生プレイヤー、しかも初対面の場合だとしたらどうでしょうか。
1~3の出来事がうまく発生するでしょうか。
 
しませんね。よほど殊勝な小学生でなければ。
 
まおーさんのときにはあった信頼関係(本人は無意識だと思いますが)が、この小学生のときには無いからです。
 
 
マナー・ルールを守ることはバトスピでも重要なことです。
もし、身近に少しでも思うところがある方がいるなら、まずはその人と信頼関係を築いて、正当なゲームを楽しく行えるようにしていってほしいと思います。
 
 
 
余談ですが、サウスピ団員は無言でもバトルが成立するんじゃないかと思う(てゆーかたぶんできる)ほど相互の関係ができています。
こういった仲間と遊ぶのは本当に気持ちがいいですね。
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

SBに参加しづらい理由

Hi!
サウスピ団福井県支部の「サカムケは引きちぎっちゃうほう」、すいーとです。
 
 
毎週日曜日ともなると、世間はSBレポで溢れますね。
 
かくいうすいーとも、参加したときは必ず書くワケですが、最近はとんと縁がありません。
 
 
 
ふむ。
すいーとは今のシゴトに就く前はどのシゴトも接客業だったので、なかなか日曜日が休みという感覚が無くて、SBに参加してらっしゃる方々が正直とてもうらやましいです。
 
 
今のシゴトは確定的な休日がある時期と無い時期があって、ある時期でも日曜日が休日になることは殆どありません。
まあ、天候次第ということです。
 
今の時期は朝3~5時くらいに出勤、帰ってくるのは夕方18時くらい。
多くても3日行けばだいたい1日は中(なか)休みがあって、確定休日は祝日と土曜日。
これじゃあ、日曜日のSBにはなかなか参加できんでしょう。
 
だって、日曜日の前日が休日になるワケだから、日曜日が中休みになることはないし、仮に天候不順で日曜日が休みでも次の日の朝3時に出勤とあれば億劫にもなるってモンです。
 
 
加えて、SBの開催場所も遠い。
車で1時間。およそ1時間に1本の電車に片道950円出して乗って1時間。帰ってくれば駐車料金700円。
ホイホイ参加できるような場所ではないってことです。
 
 
ただし、いつも行っているSBは素敵な常連さんがたくさんいらっしゃるので、行けば必ず楽しいんですけどね。
 
 
今回の愚痴はようするになんで俺この仕事してんだろっていう。
 
給料が良いのと、休日の数自体は多いってのがせめてもの救いではあるんですが、正直この生活と給料からして妻帯者向きのシゴトだとしか思えないな。
 
 
まあ、接客業の方なんかは祝日と毎週土日曜日の出勤が条件で採用されたって人もいるでしょうから、そういった方と比べればマシなのかもしれませんけどね。
 
 
 
……無益なハナシをしてしまいました。
自分の実力を発揮する場がもっとほしいと思ってるカードバトラーは多いでしょうけどね。
 
そうそう、違う話になってしまいますが、SBとか行って「実力を試す!」とか言うの嫌なんですよ。
お試し気分かよ!って自分にツッコんじゃうんで。
レベルの高低とか抜きで「実力を発揮する」ってのが挑戦者ぽくっていいよね。
 
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

シリーズ:初心者の方に伝えたいこと(その④)

Hi!
サウスピ団福井県支部の「髪のお手入れは『いち髪』で統一しているほう」、すいーとです。
 
 
R0019539.jpg
 
 
暖かくなって、そろそろ食器も透明感のあるものにシフトしていきたいところですが、すいーとはおっちょこちょいなので取っ手のあるマグカップが安心です。
カードの上にこぼしたら絶望だもんね。
 
 
今回も長くなるよ!!
 
 
 
さて、すいーとの初心者強化プログラム第四回。
 
今回のテーマは、初心者を指導する立場にある上級者の方々に知っていただきたいことです。
さらに、バトスピだけでなく、全ての指導現場で当てはまることです。
「初心者を指導するときは、褒めて伸ばせ!!」
 
 
「褒めて伸ばす。」
この言葉から受ける印象は、どうでしょうか。
甘い?ゆとり?非現実的?そういった考えをお持ちの方もいるかもしれません。
 
 
今回はこの「褒めて伸ばす」ということがどうして有効だと言えるのか、説明していきます。
 
 
結論から言えば「褒めなければ伸びない」から、「褒めて伸ばす」のです。
 
 
ここ2、3回で「強化」について説明してきましたね。
聡明なカードバトラーの方々にはご理解いただけていると思いますが、いかんせん専門的なことですので過去の記事をもう一度参考にしていただけると今回の記事もよくご理解していただけると思います。
 
 
さて、「強化」は簡単に言えば「行動を増加させる」ことでしたね。
人間の世界では、「伸びる」ということは多くの場合「良い行動がたくさんできる」ことと捉えられています。
つまり、「人間を伸ばす」には、その人間が行うべきことを「強化する」ということになります。
 
 
ここでこう疑問に思う方がいれば、その方は大変勘の良い人です。
本当に「強化」以外では行動は増えないのでしょうか。
 
 
そうです。強化以外では行動は増えません。
ただし、強化には実は2種類あるのです(な、なんだってー!)
 
 
すなわち「正の強化」「負の強化」です。
 
「正の強化」とは、今まで説明した通りです。
では、「負の強化」とは何か。
 
みなさんは、自分が「もっとやってやろう」と思う時は、ご褒美を貰えたときの他にどういうことがありますか?
 
……嫌な上司が左遷されたら仕事が楽しくなったってことありませんか?
 
そう、「不快な結果が取り去られた」とき、動物は行動が増えるのです。「負の強化」とは、この「不快な結果を取り去る」ことを言うのです。
 
 
これを覚えておいて下さい。
 
 
さて。今回は初心者を指導するときの話ですが、昭和の(すいーとも昭和生まれだけど)頭のカッタァ~い典型的なイヤミ上司は部下を指導するときすぐ怒ったりしますよね。
男がカタくていいのはアレだけなんだよ!
 
 
じゃあ、「怒る・叱る」ことは「強化」になるんでしょうか。
まあ、なる人にはなります。「怒られることがご褒美」ってゆー人には………変態だろソイツ。
 
 
ま、大抵の人はイヤですよね。怒られるの。
ではこういう「イヤなことをされる」ことを行動学で何と言うか知っていますか?
皆さんもよく知ってる言葉ですよ!!
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
  

実は、これを「罰」といいます。
 
正しくは「正の罰」といい「不快な結果を与えることで、行動を減少させる」と、いう意味です。
「怒る」ってことはすなわち「もうやるなよ!」ってコトになるってワケですね。
 
 
例えば、バトスピ初心者のハジメ君が、上級者のマナブ君に「アイバーンをデッキに入れる度に怒られる(そして不快に感じる)」と、段々と「アイバーンをデッキに入れる行為が減少」していくワケです。
 
 
 
ここで賢明な方なら、「正の罰」と聞いて「負の罰」もあるんじゃないか?と思いますよね。
 
そうです(ワタシがヘンなオジサンです)。「負の罰」もあるんです。
 
「負の罰」は「快な結果を取り去ることで、行動を減少させる」ことをいいます。
 
バトスピを毎日欠かさずやっていたコウタ君は、自分の実力を発揮できる週に一度のショップバトルを毎週楽しみにして必ず参加していましたが、中学生に上がってからショップバトルのある日は必ず塾に行くことになってしまい、参加できなくなってしまいました。
すると、毎日欠かさずやっていたハズのバトスピをする回数も減ってしまいました。
 
「バトスピをやる」という行動に対して与えられていた「ショップバトルへの参加」という快な結果が「塾に行かされる」という負の罰によって取り去られ、結果、「バトスピをやる」行動が減少したのです。
 
 
 
一旦、整理しましょうか。
「正の強化」とは、快な結果を与え、行動を増加させること。
「負の強化」とは、不快な結果を取り去り、行動を増加させること。
「正の罰」とは、不快な結果を与え、行動を減少させること。
「負の罰」とは、快な結果を取り去り、行動を減少させること。

 
 
動物の行動が増減するには以上の4つのいずれかが必ず作用しています。
これを理解し、的確に利用していくことがトレーニングでは重要になってきます。 

 
 
 
さて、いよいよ「褒めて伸ばす」「褒めなければ伸びない」ということの意味がおわかりだと思います。
 
「不快な結果を与える」「快な結果を取り去る」ことは「行動を減少させるための行為」であり、「何かができるようになる、行動を増やす」ということとは真逆のことである、ということは、
 
「叱って何かができるようになる」ということは不自然であるということです。
 
「勉強しろ!!」って怒っても勉強なんかするハズが無いのです。
勉強したときに、「よく勉強したな。エラいぞ!」と言うことで、勉強するということが強化され、勉強をする回数が増えるのです。
「褒めて伸ばす」ことはゆとりでもなんでもなく、最も合理的に行動の回数を増やす方法なのです。
 
 
もちろん、強化・罰・その正負は何にでもあてはまることなので、バトスピで初心者を指導するときにも同じことが言えるのです。
 
うーん、「褒めなければ伸びない」ってコトの説明はこれでついてしまったので具体的な例は控えましょうか。
 
上級者の方は、これらのことを踏まえて、初心者の指導にあたっていただきたいと思います。
 
あ、強化すれば回数は必ず増加しますが、やっぱスピードに個人差はありますから根気よくやってくださいね。
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

暖かくなったら爽やかなお酒を飲もうね!

Hi!
サウスピ団福井県支部の「昨日拍手ボタンに気付いたほう」、すいーとです。
 
すっごい地味だったから、せめて目立つように赤色にしてみた。
拍手してくださっていた方、気付いてなくてスミマセン。今度から毎回確認するよ!
 
 
さて、最近はカタい話ばっかだったんで、たまにはお酒の紹介でもしましょうかね。
男がカタくていいのはアレだけなんだよ!!
 
 
R0019538.jpg
 
 
ミント焼酎 MIN+【ミンタス】
 
 
ほんのりミントの香りがする焼酎です。
 
ハーブがニガテな人にはオススメできませんが、複数人でケーキ喰ってて「あ、ミント喰わないの?俺もらっちゃうよ?」って絶対言うようなミント好き(すいーとです)にはタマラナイ一本。
 
 
すいーとが飲んで美味しかった飲み方はこんな感じ。
 
3位・コーラ割り
ガキ臭くてスマン。しかしコーラ割りが合う焼酎って珍しいんじゃないだろうか?
もともとアブラギットリ系の料理に合う爽やかな飲み口のコーラですが、ミントの香りが+で爽やかさ3倍といった感じ。
口直しの威力が増すので、いろんなお肉を食べることになる焼肉とかにいいかもしれませんね。
 
2位・発泡ミネラルウォーター割り
ソーダ割りでおk。いや、すいーとは発泡ミネラルウォーターが在宅時の基本飲料なのでこうなっちゃったんですよ。
無難に爽やかミント水って感じ。何にでも合う飲み方ですね。ミントの香りが一番楽しめる飲み方です。
 
1位・モヒートっぽいもの
スプライトで割って、柑橘系の果汁を足してみました。
もう気分はSummer☆vacation(早)ですよ!
あ~、真夏に汗だっくだくで家帰ってきてコレをコキュコキュ飲んだらサイコーだろうなァ~って感じ。
もしくは屋外での飲み会で女の子と一緒に飲みたい味。
最後の最後で抽象的な表現しかできないという。それがすいーとクオリティ。 
ちなみに参考にしたモヒートは本来ラムベースだそうです。
 
 
 
美味しい焼酎(焼酎としては特殊だけど)なので、お酒とミントが好きな方は試してみてね!
 
それと、飲んだら乗るな!飲むなら乗るな!!…いや、乗るなら飲むな!!ですからね。
気をつけましょう。
 
 
明日はシリーズ更新するかな?
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

シリーズ:初心者の方に伝えたいこと(その③)

Hi!
サウスピ団福井県支部の「休日の風呂は朝入るほう」、すいーとです。

まず、すいーとはツイッターを始めました。
すいーとのツイッターはこちらから
よろしくおねがいします。

 
 
さて、すいーとの初心者強化プログラム第三回。
前回は行動学の観点から感じたことを書きました。
とりあえず初回はすいーとが最も大事だと思っている「良好な人間関係をつくる」ことをテーマにしましたが、しばらくは視点をここにとどめて送っていきたいと思います。
 
 
長文なので2~3回に分けて読むことをオススメします。

 
 
このブログをご覧になってくださっている方で、行動学に詳しい方は多数派ではないでしょうから、前回は専門用語を控えめに、又は一般的な言い方に差し替えてお伝えしました。
今回はもう少し掘り下げて、私たちがバトスピでどれだけ膨大な学習をしているか、説明していこうと思っています。
 
 
さて、前回紹介した「強化」ですが、例にあげた「お手」の強化などは専門用語で「オペラント条件づけ」と、いいます。
「オペラント条件付け」とは、簡単に言うと、「動物が行動したこと(自発行動)の直後の環境の変化に応じて、その後の自発頻度が変化する学習のこと」です。
 
さあ、既に読む気が失せてくる方もいらっしゃると思いますが、これを踏まえて簡単なバトスピでの例えをもう一度挙げますので、想像してみてください。
 
シチュエーション:自分のアタックステップ開始時
1.自分のスピリットが1体(BP9000・バニラ)
2.相手のスピリットが2体(2体ともBP2000・バニラ)
3.相手手札0、自分手札1枚(ストームアタック)
4.自分リザーブにコア4コ
5.お互いライフ1
 
さて、ここから常識的なゲームエンドまでの流れは想像がつきますよね?
では仮に自分を、超ド級の初心者「ハジメ君」として、「ハジメ君」が「強化」されるまでの流れを追っていきましょう。
 
まず、強化すべき「目標行動」を設定する必要があります。
ここでは、「フラッシュタイミングでストームアタックを使用する」ことを目標とし、強化していきます。
 
1.ハジメ君スピリットでアタック

ここで早速問題が起こります。
ハジメ君は超初心者なので、ストームアタックの使いどころがわかりません。
 
2.相手のスピリットにブロックされ、BP比べで破壊し、ターンエンド
 
3.相手、スピリット一体でアタック
 
また問題です。ハジメ君はやっぱりストームアタックの使いどころがわかりません。
 
4.ハジメ君、アタックをライフに通して敗北
 
 
さあ、ここでハジメ君はこう思いました。
「もしかしたら、ストームアタックを使えば凌げたのかなぁ?」
 
失敗をしたと感じたハジメ君は、ここから手札とスピリット、ルールを見つめなおして相手のスピリットを防ぐ見通しを立てようとしました。
 
こういった行為を四字熟語で言うと?
 
 
 
 
 
 
……ハイ、その通り。試行錯誤といいますね。
 
この「試行錯誤学習」が生じることが、「オペラント条件づけ」の特徴のひとつです。
 
 
さて。ハジメ君は上記のパターンを繰り返し、ついに3の後にストームアタックを使用すれば回復によってブロックできるスピリットが生じ、ライフを守ることができるということを発見します。
 
しかしここでもう一つ発見してしまいます。
ストームアタックは相手を疲労させる効果を同時に持っているということです。
 
ハジメ君は最初の敗北で、「疲労しているスピリットではブロックできない」ということを理解したハズです。
では、「自分のアタックステップで使っていれば?」
 
…こうして、試行錯誤を繰り返していくわけです。
 
最終的にハジメ君が行きつくところは、
 
1.ハジメ君、スピリットでアタック
 
2.ハジメ君、フラッシュタイミングでストームアタックを使用。自分のスピリットを回復させ、相手のスピリット1体を疲労させた
 
3.相手、回復状態のスピリットでブロック(BP比べで破壊)
 
4.ハジメ君、スピリットでアタック
 
5.相手、ライフに通してハジメ君勝利
 
 
の流れになります。
 
以上のことの中で、ハジメ君の身に起こったことを並べると、
 
1.弁別(物事の違いをはっきりと見分けること)刺激
今回の場合はこの「シチュエーション」がハジメ君の弁別刺激と考えられます。
まず、フィールドをよく見、何をすべきか考えるのです。
 
2.試行錯誤
スピリットでアタックする、相手のターンまで回してみる、相手のアタックステップでストームアタックを使用してみるなど、いろんなことを試してみました。 

3.オペラント反応(強化されること)
自分のスピリットでアタックした後のフラッシュタイミングでストームアタックを使用した。
 
4.強化子(ここで強化される)
ハジメ君は勝利し、周囲から「おめでとう」と言われた。
 
…と、こうなります。
 
この1~4までの流れができたとき、「オペラント条件づけ」が成立した、ということになります。
ハジメ君は、「今回と同じシチュエーションのとき、ストームアタックを使用する」ことが強化されました。
 
 
「え?これだけ長文にしておいて、結局それだけ?」
と、お思いでしょうか。
 
その通りです。逆に言えば、たったこれだけの学習をするのに、いくつもの要素の交錯、試行錯誤が行われているのです。 
 
私たちはバトスピをするに於いて(まあ日常生活でもそうなんですが)、こういった「オペラント条件づけ」という学習を自然に行っています。
 
簡単な例で言えば、相手のフィールドに2コアしか乗っていないスピリットがいて、バーストがセットされていなければ、自分は迷いなくペンドラゴンを使用するでしょう。
こういったことも「オペラント条件づけ」で学習したことになります。
 
 
今回は、前回紹介した「勝つことを目指すべし」の「勝利に行きつくまでの学習」理論を詳しく説明した形にしました。
 
 
 
ここで気付いてもらいたいことと、すいーとが提唱することがあります。
まず、気付いてもらいたいこと。「強化子は必ずしも勝利でなくとも良いのではないか?」ということです。
勝利に行きつかなくても、「良いプレイング」ができれば、その時点で優勢になるのだから、優勢になって周囲から褒められることも強化子ではないか、という考え方です。
 
これは、前回すいーとが言ったことと噛み合いません。
ここで、すいーとが提唱するのは「強化すべきなのは勝利するためのプレイングであるのだから、強化子は勝利でなくてはならない」と、いうことです。
 
 
では何故、優勢になった時点で強化すべきではない(強化子を与えるべきではない)のか。
 
具体的には、先のペンドラゴンのシチュエーションに加えて、相手のフィールドにLv.3の合体スピリットがいて、手元にシユウがあるとしましょう。
さて、ペンドラゴンでスピリットを破壊し、ドローを選びますか?
それとも、合体スピリットのレベルを下げ、シユウを活用することを選びますか?
 
これは、他の要素がどう影響するかで選択肢は変わってきます。
つまり先が見えないこともあるのです。
 
この場合、どちらが勝率の高いプレイングかはゲームが終了してみないとわからないということも考えられるのです。
ですから、選択肢の優劣が不確定なときはどちらを選んでもその時点で強化してはいけないのです。
勝利して初めて、「あのシチュエーションにおいてあのプレイングは正解だった」と思い、周囲もそれについて言及することで「勝利に通じるプレイング」が強化されるワケです。
 
 
初心者の周囲の上級者の方々は、初心者の方の「勝利」に通じたプレイングを褒め、オペラント条件づけをサポートしていくことがその初心者の方の上達に繋がる可能性があるということを知っていただきたいと思います。
 
 
大変長くなりました。
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

ヒドラデッキの可能性を考える

Hi!
サウスピ団福井県支部の「丸顔なほう」、すいーとです。
 
 
ひとつ前の記事は4月9日に書き切りたかったところでしたが、深夜更新だったので今日もう一度記事を書かせていただきます。
 
今回は霊峰魔龍ヤマタノヒドラをメインに据えたデッキの可能性と、具体的なパーツを列挙していきます。
かなりのボリュームになるので、ゆっくり読んでいってね!
 
まず、すいーとはいろいろとデッキを組んで、回してみました。
その中で、勝率が乏しくなかったものを、感想を交えて紹介していきます。
デッキ内容を全て書く気力は無いので、メインのパーツと流れのみ記述します。
 
その1.青ネクサスガン積みタイプ
 
SBでも確認したタイプです。
 
オリンスピア競技場、青玉の巨大迷宮、未完成の古代戦艦:羅針盤などのネクサスを大量に積み、ストロングドローやマジックランプ、テクノヒュードなどでデッキを掘っていきます。
ヒドラが落ちれば、リバイヴドローなどで拾います。
最大軽減からヒドラを召喚し、マッシブアップ、ギャラクシーエターナルレクイエムでレベルアップした後はどんどん殴っていきます。
 
最速パターンでは後述の異合タイプに劣り、柔軟性、打点では他のどのデッキにも劣ると感じました。
このデッキの良い点は、短時間で大量のネクサスを配置できるところです。
つまり、複数のヒドラを活用する場合において、他のデッキより優位に立てるといえます。
 
レベルをマジックで上げるので、アタックが絶甲氷盾などで防がれてしまうと、相手のターンで簡単に除去されることがあると思います。そういうとき、後続をどんどん出せることが利点になります。
 
 
その2.異合タイプ
 
海底に眠りし古代都市、スタッガー、シュモンゴを利用してシンボルとコアを稼ぎ、マジックによってヒドラのレベルを上げます。
以下は最速パターン(2手)の一例です。

手札
古代都市×2
スタッガー×2
 
初手
ドローステップ⇒ヤマタノヒドラ
古代都市配置でターンエンド
 
この時点で手札4枚・4コア・青シンボル1コ
 
2手目(ファイナルターン
ドローステップ⇒ストロングドロー
コアステップ(コアはリザーブに計5コ)
0コスト⇒スタッガー召喚(1コアブ)
古代都市をLv.2にアップ
1コスト⇒古代都市配置
0コスト⇒スタッガー召喚(2コアブ)
 
この時点で手札はヒドラ・ストロングドローの2枚
フィールドのコア7。青シンボルは古代都市の効果で計6コ
 
2コスト⇒ヒドラ召喚
1コスト⇒ストロングドロー
ネクサス×2とストロングドローをドローして、ネクサス2枚を破棄
1コスト⇒ストロングドロー
ネクサス×2とストロングドローをドローして、ネクサス2枚を破棄
1コスト⇒ストロングドロー
ネクサス×2とマッシブアップをドローして、ネクサス2枚を破棄
 
0コスト⇒マッシブアップをヤマタノヒドラに使用。
 
ネクサスはフィールドに2枚、トラッシュに6枚。
これで【強襲:8】可能。
 
 
もちろん、ここまで上手くいくことはかなり稀です。
しかし、ヒドラの高速召喚という点で抜群であることは確かですので、速さを求める方には合っているのかもしれません。
 
以上で青主体のヒドラデッキ2種を紹介しましたが、すいーとは速さより安定を求めるので、このテのデッキは強力とワカっていても使いません。2手キルなんてノブナガード・ゼクストや01ウィニーでも行えるワケですし。
 
 
その3.サウスピ団FBタイプ
 
別にサウスピ団が確立したワケではありませんが、他に呼び方が思い当たらないのでここではこう呼ばせていただきます。
 
一例として、すいーとのデッキを公開します。
デッキはこちら
 
ネクサスでハンドアドをとっていきます。ライフ減少の回数だけになるので、星空の冠Lv.2、シーマ・クリークで、一度に喰らうダメージを1に抑えていきます。
手札を整えたあとはヒノキ・ゴレムを召喚し、青シンボルを大量に稼ぎ、ヒドラに繋ぎます。
レベルアップは聖鎧獣アメミードで行います。黄のネクサスの採用がここで活きます。
 
すいーとの場合はコアブギミックのために颶風ガルードを採用していますが、トパーズの流星、フルアッドを採用してもいいかもしれません。
 
仲間内で研究しているために、サウスピ団のヒドラデッキはこのタイプに片寄っています……
と、いうかすいーとのデッキとれーばさんのデッキが偶然一致しちゃったんですよ。
デッキの安定感、自由なスペースは随一なので、これがひとつの「答え」なのかもしれません。
 
課長もデッキを公開してくれるかな?(チラッ)
 
 
その4.白タイプ
 
SNSで「なるほど」と思ったことがあったので、組んでみました。
白き楯の長城、千年雪の尖塔、セイリュービ、バラガンのコントロールで場を保ち、ヒドラに繋げていきます。
長城によるラークドライブ効果は、ライフダメージを防ぐにはトップクラスの防御力です。
 
参考にさせていただいたレシピにはありませんでしたが、ヒノキ・ゴレムでの高速化と、メガバイソンでの防御力追加を採用してみました。
後者は以前の3つのデッキタイプでは軽減シンボルの関係から採用しづらかったですが、白軸であれば気軽に採用できます。
侵されざる聖域の弱点である赤マジック…特に合体したヒドラの天敵中の天敵である覇王爆炎撃を防ぐということ、さらに聖域が無いときの【装甲:赤/緑/白】は、主要な除去・疲労バースト効果を防ぐのに非常に役立ちます。
 
白ネクサスによるネクサスバウンスは同系メタにもなります。ヒドラ同士の対決になった場合は無類の強さかもしれません。
 
 
その5.黄ネクサスガン積みタイプ
優秀な効果を持つ黄のネクサスを大量展開し、ヴィエルジェでロックをかけていきます。
星空の冠、定規山脈、星宿の障壁、黄金の鐘楼、太陰の宮廷、運命のルーレット、トパーズの流星……と、挙げればキリがないほどですが、これらの中から、枚数に気をつけて採用するといいと思います。
 
星宿の障壁はピン~2枚で充分だと思います(すいーとはピンで大丈夫でした)。
強力なのはトパーズの流星。フルアッドとのコンボでコアを稼ぐのにも役立ちます。
ライフ回復が行えるので、星空の冠、運命のルーレットが活かしやすいのが特徴。手札増強後はヒノキ・ゴレムとアメミードによってヒドラの召喚とレベルアップを行います。
 
中盤まで持っていくことができれば、簡単には突破されません。
序盤の攻勢をどう凌ぐかが問題になります。
 
 
 
需要があればデッキを公開していこうかなと思いますが、ま、無いでしょう。
 
自分で最もしっくりくるものを使っていると思っていただければ、すいーとのヒドラに対する答えは3・4(特に3)であるということです。
 
 
ヒドラへの持って行き方、活用の仕方は人それぞれですから、それぞれの答えを見つけていただけたらと思います。
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

シリーズ:初心者の方に伝えたいこと(その②)

Hi!
サウスピ団福井県支部の「ポニテ成長中なほう」、すいーとです。
 
さて。
すいーとの初心者強化プログラム第二回。
今日(つっても深夜だけど)のテーマは
「勝つことを目指すべし」
 
日本人の良くも悪いクセかもしれませんが、勝利に対して貪欲な初心者ってのが少ない。
上級者に負けて、「負けて当然」とか、「いい勝負ができた」とか、「勉強になった」だけで済ますのは、強くなるための道を自ら遠回りしていることと同じです。
 
 
…少し専門的な話を(なるたけわかりやすく)します。
 
行動学の話です(すいーとは専門学校でドルフィントレーナーを専攻しておりました)。
 
 
動物が「おこなったこと」を原因として、その動物にとって有益なことがおこった場合があるとしましょう。
 
その有益なことを「強化子」といいます。
行動によって、「強化子」が与えられた場合、これを「行動が『強化』された」…すなわち「強化」といいます。

動物は「強化子」が与えられたときと同じ行動を起こす回数が多くなります。
「強化」を繰り返すことで、回数はさらに多くなります。
 
 
わかりやすく例えましょう。
 
 
犬が前足を飼い主の手に乗せる行動(以下、お手)を起こすとします。
 
飼い主はここで犬にとって有益なモノ、すなわち「エサ」を与えます。この場合、「強化子」は「エサ」です。
 
犬は「お手」することで「強化子(エサ)」が与えられることを学習します。
つまりここで「お手」は強化されたのです。
 
犬が「お手」する度に「強化子」を与えることで、「お手」は「強化」され、回数と確実性が増していきます。
 
ちなみに、こうして動物の行動を強化することを、「トレーニング」といいます。
 
 
 
さて、ではカードバトラーが実力をつけるためには、要するに「プレイングを強化」するためには、自分のプレイングに対して「強化子」が与えられなければなりません。
ではその場合の「強化子」とは何か。
それこそが「勝利」なのです。
 
つまり、「勝つことを目指す」というのは単に「勝利を欲する」だけの行為ではなく、「勝ったとき、その勝利に行きつくまでのプレイングを学習し、自分のものにする」という重大な意味があるのです。
 
それは永続的な実力向上のために必要なことです。
 
 
具体的には、初心者は上級者のデッキを借りて、デッキの持ち主にサポートしてもらいながらバトルを進めてみる、というのもいい練習になると思います。
バトスピには勝率の良いデッキ(あまり環境のバランスのことを考えると好ましくありませんが)があり、そのデッキ相応の勝率の良いプレイングというものがあります。
 
そういうものをまずは勉強し、勝利までの道筋、勝利の美酒というものを知ることが大事です。
 
 
そうそう、「勝利」を「強化子」とするならば、勝利の際はハデに喜ぶことも実は非常に大事です。
まあ、相手が不快に思わない程度に(と、いうか仲間内でやるべきかな)ちゃんと喜んで、勝利までのプレイングを強化していきましょう。
 
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

シリーズ:初心者の方に伝えたいこと(その①)

Hi!
サウスピ団福井県支部の「ウィルキンソンのジンジャーエールが好きなほう」、すいーとです。
 
ジンジャー2T003_DB2_04
 
いやァ~、これが辛くって強くってウマいのよ。
高校生のときに初めて飲んだんだけど(そのときはペットボトルので知ったんだけどね)、そのあまりのクセの強さが不人気だったのか自販機の値段がどんどん下がり、ついに1本50円になったところでドカ買いしたものです。
 
刺激の強い飲み物が好きで、まだ飲んだことない人はゼヒお試しあれ。
ちょっとビンの形がエロいのは仕様です。
 
 
さて、本題。
すいーとの初心者強化プログラム第一回。
 
今日のテーマは「初心者は初心者であることをちゃんと宣言すべし!
 
まず、実際にあった話。
スカイプにて。
初めての相手で、やってるこっちが心配するほどのフルボッコをかましたんですが、ひとしきり殴り終わったあとで「実は初心者なんです…」と宣言されました。
連絡先追加申請のときにちゃんと言っておけばこっちも初心者を相手にできるデッキを用意するってのに…
 
それ以来、対戦の申し込みは来ていません。
 
ちょっと、悪いことしたかなーと思いました。
そりゃヤだよね。バトスピ始めて間もないところをスピリット一体アタックもさせてもらえずに、相手にはゾロゾロと大型を大量展開されて5点一発で決められるとさぁ…
 
ま、そんなわけで「今後、バトスピを楽しむため」にも、初心者であることを事前にちゃんと宣言して、初めは思いっきり手加減してもらいながらやりましょう。
まあ、超人強度に差があれば、の話ですけどね。
 
 
 
 
……以上のことは、まあ、個人の性格にもよります。
 
初心者であることを事前にちゃんと宣言する、ってことの本来の意味は別にあります。
周囲のカードバトラーと信頼関係を築くこと
これが重要なのです。
 
まず、初心者が満足にできないことで一番やっかいなのが、ルールの把握です。
基本ルールだけなら説明書等で知ることができますが、カード個別のルールを把握するのは一朝一夕にはできません。
ですから、バトルの最中にカードの効果、個別ルールを相手に教えてもらうことがあります。
多くの初心者でないカードバトラーは、これらの殆どを把握してバトルしているため、質問することで相手のペースや制限時間をロスさせてしまうことに繋がります。
 
仕方のないことですが、自分がまだ初心者であることを事前に伝えておけば、相手の感じ方は違ってくるはずです。
 
 
 
バトスピは機械を相手に行うゲームではありません。
 
ですから、自分が相手に与えてしまう影響を考え、初心者であることを宣言すること。
より多くのカードバトラーに覚えられたり、好かれたり、認められたりすることが大事です。
  
 
 

Sweet?
 
NO!すいーと!!

自分の実力を理解したうえで、初心者の方に伝えたいこと(前置き)

Hi!
サウスピ団福井県支部の「炭酸入りミネラルウォーターが好きなほう」、すいーとです。
 
 
今日から不定期に、バトスピ初心者の方々に伝えたいことを記録していきたいと思います。
 
※長文なんで、コピーしてゆっくりにでも読んでもらうといいよ!
 
 
その前に、思うことをいくつか。長いので今日はこの前置きだけにしておきます。
 
初心者の方、あるいは失礼ですが実力があまりつかない方に対して、どうやったら強くなれるかというアドバイスが明記されているサイトは少ないように思います。
 
大抵は、「このデッキで優勝できたぜー!」とか「このカードはこのくらいの強さだ」とか、そういう内容の記事が多いように思う。
 
バトスピ界を盛り上げるということは、強いデッキを公開することか。カードの強さを考察することか。
もちろん、それを参考にして強力なデッキが流行ることはある。
でもそれは「バトスピ界の盛り上がり」と一致するんだろうか。
 
そもそも、世のカードバトラーは、どれだけバトスピを盛り上げていこうと思っているのか。
自分だけ強ければ、仲間内で盛り上がれば、それだけでいい……自分でも気が付かないうちにそう思っている人もいると思う。
 
本当に強い、目の覚めるようなデッキやプレイングが生まれる可能性は、実力あるカードバトラーの総数に比例して大きくなるはず。
ならば、初心者の方や伸び悩んでいる方にちゃんとアドバイスを送り、実力者を増やしていくことが、長い目で見ればバトスピ界の発展に大きく関係していくのではないか。
 
 
 
そういうことを思い、初心者の方へ伝えられることを、ブログで紹介していこうと思う。
 
 
 
自分が「初心者を指導できるほどの実力が無い」なんて思わないよ!
無名ではあるし、世に出るほどの実績があるわけじゃない。でも、実力はあると思ってる。
 
世の実力者たちは、名前だとか実績だとか、そういうものを気にせずに、自信を持つべきだと思う。
「教えられるような人間じゃない」って思うことは謙虚で立派だけど、それだけじゃあ後が続かない。
 
自分が「強くなるにはこうしたらいい」と思ったことに自信をもつこと。
それで伝えて、強くなればそれで良し。
もし、その理論が間違っていれば、きっと別の実力者が注意してくれる。
 
 
さて。そんなわけで前置きが非常に長くなってしまいましたが、次回からそのアドバイス等をつづりたいと思います。
 
一旦、間を空けるのは、すいーとの前置きに何か意見があれば聞きたいと思っているからです。
オカシイ、と思ったら一緒に考えてください。お願いします。
 
 

 
Sweet?

NO!すいーと!!

1コ120円

Hi!
サウスピ団福井県支部の「やっぱり燻製が好きなほう」、すいーとです。
 
 
1日に2度更新?いいじゃねェかよ!
 
晩の更新だからね。
すいーとが先日食べた酒のツマミを紹介したいと思う。
 
 
実は晩は酒を飲りながらデッキを考えたりニコ動を見たりするのが大好きなモンでね。
その大事なひとときにはやっぱウマいツマミが要るでしょうよ。
 
 
R0019534.jpg
 
 
缶つまプレミアム・広島県産カキ燻製油漬け480円ナリ。
 
 
盛付例とか書いてありますが、どう見ても缶開けたそのまんまです。
つまり、皿になんかあけるな、ということでしょう。
 
 
で、パッケージには固形量45gって書いていて不安バリバリだったんですが、その気になる中身は……
 
 
 

 
 
 
 
 
カキ4コでした(しかも水分少ないから通常時のカキの3分の1くらいの大きさ)。
R0019533.jpg

 
 
確かに皿にあけでもしたらショボくて正視できません。
 
…1コあたり120円?え…ええい!考えるな!感じるんだ!(味を)
 
 
でもやっぱり勿体ないので1コ2口でいく。このみみっちさがすいーとクオリティだぜ。
 
 
はむ。
 
 
ボソッ
 
 
……水分ないからボソボソしてやがるな。でも油漬けだからそこまで気にならない。
 
 
流石に普通のカキのようなジューシーさは無い。けど…けど…
 
旨味は確かに3倍はあるよ!
 
ハマグリのような噛み応えの筋肉から、貝特有の強烈な旨味が桜のスモークの香りと一緒に口の中に広がる。
ハラワタは、カキフライや鍋で茹だされたカキではあり得ない濃厚すぎる「味のカタマリ」
 
これは間違いなくウマい。
 
 
確かに480円の価値は感じるな。たぶんしばらくは買わないだろーけど。
カキが好きなヒトなら絶対ハマると思う。オススメです。
 
 
 
 
さて、ちょっと冷静になって綴らせてほしい。
もともとこのブログはすいーとの個人のブログにするつもりで作ったもので、アドレスにその名残りなんかがあったりする。
 
で、作ったのは良かったんだけど、いろいろとわかんないことが多くて、丁度そのときれーばさんから「サウスピ団のブログを作る」という話をいただいたモンだから提供(という名の丸投げ)をさせてもらったというワケ。
 
ま、そんな経緯があったってのもあるし、ここは「TCG」のブログじゃなくて「サウスピ団福井県支部」のブログなんだから、団員の日常なんかもあってもいんじゃね?
って気持ちで今日はエルシャダイのソーシャルゲームの紹介をしてみたり、日に2度更新してみたり、ツマミの話をしてみたりした。
 
いいよね?たまにこんなんがあってもさ。
 
どう頑張ったってシュミがTCGである以上、TCGの話題以上に雑記が多くなることは無いだろうし。
 
 
Sweet?

NO!すいーと!!

髪は逝っている!

Hi!
サウスピ団福井県支部の「燻製が好きなほう」、すいーとです。
 
 
まずはこいつを見てくれ!↓PVリンク
エルシャダイ ソーシャルバトル
 
247087.jpg
 
 
一番左のヤツ大丈夫か!?

 

 
ソーシャルゲームなのでどこまで(ニコニコで)流行るかはわからないけれども期待したい。
PVは今の時点でそうとうキテるけど。 
 
 
 
今日はTCG関係なくてスミマセン。
てゆーか今日初めてちゃんとしたリンクの貼り方知りました。
今度からちゃんと貼りますね。
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!

Part.20すいーとのデッキ

Hi!
サウスピ団福井県支部の「天高バッグを予約注文しているほう」、すいーとです。
 
 
今回は、バトルスピリッツ・サウスピ団福井県支部Part20

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17420976
 
ですいーとが使用したデッキを公開します。
 
「ら~めん牛骨」
 

スピリット×18
 
呪の覇王カオティック・セイメイ×3
太骨望×3
牛骨魔王×3
骨孩児×3
金狐角×3
銀狼角×3
 
ブレイヴ×6
 
シフゲイター×3
イビルグライダー×3
 
ネクサス×5
 
古の魔王城×2
旅団の摩天楼×3
 
マジック×11
 
妖華吸血爪×3
冥王封滅呪×3
サドンデスドロー×3
トライアングルトラップ×2
 
 
発売前(後も?)は散々な言われようだった牛骨魔王。
地味ですが、コアシュート能力は随一です。
 
今後、新たな覇王/雄将が追加される度に価値をあげる可能性のあるXレア。
売り飛ばす前にちゃんとデッキを組んで使ってみることをオススメします。
 
「ダメX」「ハズレア」と言うのは簡単だし、実際そういうカードもあります。
しかし、世間でそう言われていても、実際使っての感想を言っている人は少ないのではないかと思います。
 
テキストだけでは判断できず、デッキを組んで、使ってみて初めて分かる強さというものもあります。
真価がわからないカードにこそ「水をやる」ことが大事なのではないでしょうか。
 
Sweet?

NO!すいーと!!

Part19.75 すいーとのデッキ

Hi!
サウスピ団福井県支部の「最近、飲んだくれてるほう」、すいーとです。
 
 
今日は、バトルスピリッツ:サウスピ団福井県支部Part19.75
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17416739

ですいーとが使用したデッキを公開します。
 
「緑だお」

スピリット×21
 
蜂王フォン・ニード×3
巨蟹武神キャンサード×3
ゴクラクチョー×3
ミツジャラシ×3
マー・バチョー×3
タマムッシュ×3
ダンデラビット×3
 
ブレイヴ×6
 
シユウ×3
ヒョウ・カッチュー×3
 
マジック×13
 
烈風神空覇×3
ストームアタック×3
リバイヴドロー×2
秘剣燕返×2
タフネスリカバリー×3
 
 
ドローソースを捨てて速攻に特化した結果。
しかし緑での速攻ではれーばさんには敵いませんな。
 
 
「ゴラドンさんの悪口はそこまでだ」

 
スピリット×24
 
爬獣使い百地ダイル×3
カメレオプス×2
ユースエディア×3
パイルドラコ×3
レッサー・ドラグサウルス×3
シャムシーザー×3
エリマキリザード×3
リザドエッジ×3
ゴラドン×1
 
マジック×16
 
覇王爆炎撃×3
三札之術×3
次元断×3
双光気弾×3
双翼乱舞×3
インビジブルクローク×1
 
 
爬獣をたくさん召喚したくてバーストと爬獣をガン積みした。
相手のターンで、疲労している爬獣を犠牲に新たな爬獣を召喚するのがキモチイイ。
 
動画ではできてないけど。
 
Sweet?

NO!すいーと!!
プロフィール

サウスピ団FB

Author:サウスピ団FB
サウスピ団福井県支部のOfficial Blogです.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
guest
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。