スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パトラスは使い方いろいろ。

Hi!
サウスピ団福井県支部の「今日4時間も昼寝したほう」、すいーとです。
 
短い?長い?
 
 
さて、久しぶりにバトスピの記事書きますよ。
「続きを読む」で。

 
 
 
魅惑の覇王クレオパトラス/The BeautyHero Cleopatras
スピリット
7(3)/黄/覇皇・導魔
<1>Lv1 5000 <2>Lv2 7000 <4>Lv3 11000
【バースト:自分のライフ減少後】
自分のライフが3以下のとき、このスピリットカードを召喚する。
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分のトラッシュにあるマジックカード1枚を手札に戻す。
Lv2・Lv3【魔光芒】『このスピリットのアタック時』
自分がマジックカードを使用したとき、その効果発揮後、同じ効果をもう1度、コストを支払わずに発揮できる。
バトル終了時、自分がこのバトルで使用したマジックカードすべては手札に戻る。
シンボル:黄

コンセプト:及川ひろし
イラスト:斉藤コーキ

フレーバーテキスト:
一目見てしまったが最後、自分のすべてを捧げずにはいられない覇王がいる。
 
 
 
今更ですが、パトラスの記事です。
 
 
 
このスピリットは覇王編4弾以降、ずっと私を支え続けてきてくれているスピリットです。
 
数回のSBでの優勝、CSガンスリンガーでの好勝率はこのスピリットの力なくしてはあり得ませんでした。
 
 
 
さて、このスピリットが強力である所以を考察していきます。今更ですが。
 
 
・召喚のしやすさ
バースト効果による召喚が容易です。
 
「ルナアーク・カグヤ」や「ミスティック・ヒミコ」は条件が厳しいですが、こちらはライフが3点になればおk。
ライフ回復が得意な黄属性にとってライフ3点からのリカバリは他の色と比べて容易であり、複数体をバースト召喚することも充分可能です。
黄属性をメインで組むなら、コストを支払っての召喚も難しくありません。

・召喚時効果の汎用性
マジックカードであれば色を問いません。
また、バースト召喚ができれば最軽量のマジック回収カードになります。
 
バースト召喚のしやすさと相性が良いです。
というのも、パトラスを召喚できそうなら、最序盤から高コスト・高威力のマジックを使えるからです。
 
最序盤のダンデラビットに三段突を食らわせても構いません。
 
強力なマジックカードは序盤にあっても温存しがちですが、パトラスの召喚が見込めるならそのマジックでテンポを取っていいということです。
 
また、リバイヴドローを回収し続ければしつこいスピリットになります。
【魔光芒】が強力なため狙われやすいスピリットなので、相性良し。

・【魔光芒】
一体で完結し、問答無用で発揮される【烈神速】や【大粉砕】と比べ、フラッシュ効果を持つマジックカードが無ければ無意味なキーワード能力ということで、少々使い方が難しいです。
 
個人的に、高コスト・高威力のマジックで圧倒するよりは、低コストマジックを連発するほうが確実に効果を活かせる気がします。
 
具体的には、「ライトニングデリバリー」や「双光気弾」、「トライアングルトラップ」、「バインディングソーン」なんかがまずは使いやすい。
 
【魔光芒】はマジックの効果を2度発揮したあとさらに手札に戻すので、そのことも考えると上記マジックで充分活躍できます。

クレオパトラスが「難しい」と感じる方は、低コストマジックをお試しください。
 
 
4・5コストとなるとフィールドに軽減がないと使いづらいですが、その分コントロール能力は上がってきます。
「ドリームチェスト」、「バーストブレイク」、「ヴィクトリーファイア」、「サジッタフレイム」、「マーキュリーゴブレット」、「ストームアタック」
私はこれらからデッキに合わせて選択していくことが多いです。
特に「ヴィクトリーファイア」、「サジッタフレイム」は強力。【魔光芒】で使ってもよし、序盤のテンポ取りでカウンターに使っても良し。どちらのカードも大会で活躍してくれました。
 
コスト6以上のマジックとなると、軽減を活用するか、セイリュービなどが無いと不安です。
「光速三段突」は私もよく使いますけどね。
 
・他のスピリットとの相性
大型スピリットである点が、覇王編5弾で登場した「ドクトル・ファウスト」との相性を良くしています。
 

狙われやすい性質がファウストの起爆剤として相性良し。
 
また、そのファウストの召喚時効果で呼ばれるのも楽しいですね。


「烈の覇王セイリュービ」との相性は言うに及ばず。
マジック連発によるコアの消費を補ってくれます。
 
また、「ペンタン」とも非常に相性がいいですね。
コアの問題を解決してくれるスピリットは積極的に採用したい。
 
 
 
さて、最後にレシピをひとつ公開しておきます。
 
黄&紫デッキ「木村沙紀」
 
紫の復活系スピリットを中心に組んでいます。

「ガウルム」は「騎士王者ペンドラゴン」と合体した状態で破壊されることで同ブレイヴを使いまわすことができます。
また、メインのアタッカーである「牛骨魔王」とは同じ系統「無魔」を有しています。
「旅団の摩天楼」「騎士王者ペンドラゴン」と共に活用することで、厄介な「ワルキューレ」の除去が見込めます。
 
マジックはあくまで低コスト重視で。
 
「デッドリィバランス」「サドンデスドロー」を【魔光芒】で使うことができれば大きなアドバンテージが稼げます。
また、上記2種は「封印された魔導書」と抜群の相性。
デッドリィバランスで相手のみ破壊、サドンデスドローで2枚ドロー。【魔光芒】が加わればさらにそれば倍になります。
ノーコストで撃ったサドンデスドローで4枚ドローすることも。
オーバードローしたぶんは「妖華吸血爪」で破棄すれば無駄が無い。
 
 
 
新弾前に今更な紹介でしたが、パトラスはそう簡単には色あせないと思うので、新弾マジックとのコンボも期待しつつ運用していただければと思います。
 
 
Sweet?
NO!すいーと!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サウスピ団FB

Author:サウスピ団FB
サウスピ団福井県支部のOfficial Blogです.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
guest
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。