スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新制限についてと代替案

[バトルスピリッツ]サウスピ団FB Part23
 
まおー氏とのバトルは久々な気がする。
 
実はコスト支払いミスがあってお蔵入りになった1戦があって(デッキは同じ)、そのときもまおー氏がオーバーレイを駆使して勝利していました。まおー勝ち越しです。
次回の動画では私もエデンとオーバーレイが入ったデッキを使います。
以前まおー氏と2人で「エデンとオーバーレイはどんな構築が強いか」を談議したこともあり、複数のカードが同じですが、つまり「エデンとオーバーレイに対する結論のひとつ」ということでどうか。
 
 

新制限について代替案とか。
「続きを読む」でどうぞ。
伝説入りから。
 
◆インビジブルクローク
ラジオでも言ったように、「1点もぎとるカード」だったのが「2~3点獲っていくカード」になってしまったのが問題。早くて星座編1弾、遅くても覇王編1弾までには伝説に行ってほしかった。
 
☆代替案
◆ウィングブーツ
これ自体がクロークのほぼ下位互換。
ブロック時効果を発揮できたり、スピリットからのコア使用でブロック成立させたりできる。
ちょっと面白いのは指定アタックと相性がいいこと。「トワイライトファンタジア」と指定アタックを組み合わせることで、無限(夢幻の天剣だけに)回復・疑似アンブロッカブルを発揮することができる。


続いて<究極:1>
 
◆ストームアタック
2つの効果を持つので腐りにくく、単純に回復効果と相手への疲労効果が好相性なのが問題だった。
 
☆代替案
◆ラピッドウィンド
相手への疲労効果はないけど、こちらのスピリットを(ほかの効果の干渉がなければ)最大2体回復することができる。汎用性は劣るものの、系統で固めたデッキならストームアタック以上に強いこともあるかも。


◆バルカン・アームズ
ブレイヴ(スピリット)が場に残り軽減や打点に繋がるので、単純にストロングドロー相当の効果というわけではない。シンボルつけちゃダメ。
 
☆代替案
◆剣聖将軍フィランダー
青主体で使うなら、むしろバルカン・アームズより強力かも。本当の「手札交換」とはこういうことをいうんだよ。


◆騎士王蛇ペンドラゴン
スピリットのコアを2個以下にするとき、まずコイツの存在が頭に浮かぶ。
カードの存在自体がプレイングに影響するものの一つ。制限入りしたのは下記のペンドラの強さにあると思う。


☆代替案
◆なし
ナイト・アノール、鎧戦艦ブレード・ハインド、紫電の霊剣ライトニング・シオンなど、召喚時にコアシュートするブレイヴは数あれど、コアシュ1個と2個ではかなり違ってくるのでそのまま入れ替えて使えることはないと思う。
ペンドラの強さは
・軽減の多さ
・2コアシュートとドローをこなす
・系統が優秀
・合体条件が緩い
・合体時BP+の数値が合体条件に対して高い
・合体アタック時効果でスピリット除去を狙える
ことにあると思う。そのうちの1つか2つ程度しか満たしていない他の紫ブレイヴではペンドラの代わりは務まらない(だからといってそれぞれ個性があるので弱いわけではない)。
 

◆北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン
遅い制限入りだとは思うけど、プロモの制限入りは大きな一歩。

☆代替案
◆構築次第で【抜刀】持ち、緑ならノブナガード・ゼウシス、白属性ならミブロック・ザ・ワンなど
北斗の強さは
・色違いで6種ある
・召喚したブレイヴの召喚時効果が発揮する
・色、系統、コストに関係なくブレイヴを召喚できる
・ドローがついてくる
ことにあると思う。
ミブロック・ザ・ワンは優秀なコスト、召喚時効果、【合体時】効果を持つので、白属性なら入れ替えてそのまま使えるはず(北斗と同時採用も多いと思うけど)。
召喚時効果を使わないのならレッド・エイリーク、黄属性なら大天使アヴリエルが便利。
青属性で【剣刃】を採用するなら剣聖将軍フィランダーがいい。
今までの便利さを追求せず、「本当にコストを踏み倒すためのカードを採用する必要があるのか」を考えて構築するといいと思う。


◆双光気弾
もうちょいコスト高くてよかった。赤属性以外では採用を迷う程度に。


☆代替案
◆秘剣燕返、ソウルリッパー、ネクサスコラプス
気弾のバースト効果は便利だけど、信頼できるドローソースではない。バーストメタにも引っかかるし。
ブレイヴ破壊、ネクサス破壊で他色でも使えるもので思いついたのは上記3つ。
(堂々と「思いついた」とか言ってるけど当然の選択だと思います。)
汎用性は劣るけど、それぞれ気弾とは違った個性があるのでいいと思う。

 
◆森羅龍樹リーフ・シードラ
わりと早い制限入りに感じた。ゲーム性を著しく損なうロック効果はあまり好ましくないね。
 
☆代替案
◆霊峰魔龍ヤマタノヒドラ、深淵の巨剣アビス・アポカリプス
シードラ入れてるってことは相手に邪魔されずにワンターンキル決めたいってことだろうから緑諦めてヒドラ組めばいいと思う。
緑属性はフォン・ニードとキャンサードがあれば勝ち筋充分じゃない?
 



さて、 
代替案をだいたい挙げたけど、単純に互換として使えるものはない。てゆーかそんなものがあったら制限の意味無いからね。 
セイリュービが伝説入りした後、そのままネイチャーフォースに入れ替えて勝率が上がった人は少ないんじゃないかと思う。もし、(ネイチャーフォースへの入れ替えで)どのデッキも以前と同じかより強力になったのなら、ネイチャーフォースも制限入りするはず。
 
ようするに、似た効果のカードでもスピリットが残ったりとかシンボルが一つ余計だったりとか、コアシュートが1個多かったりとかそれだけの違いでカードパワーは大きく違ってくる。
 
今回の制限はそれを強く感じられるものでした。
 
 
あと、今回は「ループの重要なパーツ」が無くて、
「クソゲーになるから制限入り」ってカードと「便利すぎるから制限入り」ってカードの2種類だね。
 
私は、動画用のデッキを組むときは前者を殆ど採用しない。けど、後者はデッキによってガン積みすることもある。
前者を採用しない理由はもちろん「クソゲー」になるから。
「そのカードだけが強かった」結果なら、どんなデッキでもいいってことになる(ストームアタックやシードラ、クロークを主体に組んだというなら話は別。マジック回収などで1ターンにストアタ16連射とかしたらむしろかっこいいでしょ?)。

後者は、デッキによっては必須のカードになり得る可能性による。
例えば、Part21の俺のデッキは重要なドローソースとして「英雄皇の神剣」を採用し、青属性・白属性のネクサス、星空の冠対策(要するにメイシュノファンタジアを阻害する可能性のあるネクサス対策)にフェニック・キャノン、サジッタフレイム、プラス双光気弾を採用している。
相手が相手だったからブレイヴ割りのほうに機能してたけど、それでも2戦とも崖っぷちまで追いつめられているあたり、足りてない感がある。
つまり必須も必須だったわけで、たぶん1からデッキを再構築せずに代替カードだけ入れてれーばさんのデッキとやりあったら即死すると思う。 
(余談だけどヤマトもファンタジアや英雄皇の神剣とのコンボを考えてのことで、「強いから」なんてテキトーな理由で入れてるわけではない) 


 
 
今後、アルティメットも登場して環境がガラリと変わると思うけど、今回の制限がバトスピと我々の動画に良い影響をもたらしてくれることを期待します。

 
Sweet?
NO!すいーと!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ストアタの代替案としてラピッドウィンドはなるほどと思いました。
軽く回復したいならタフネスリカバリーも有りかと。
確かにどちらのカードも互換は出来ませんが.....
今回の制限カードの多くは汎用カードで、環境のインフレに一役買っていたと思います。
制限入りによって同じ働きには一手間掛かるよるになり、新しいカードの組み合わせが生まれるかもしれません。
さらにアルティメットの参入で環境の変化は必須。去年の同時期に比べかなり面白い環境になるなぁと思っています。

No title

> ノネム様
コメントありがとうございます。
確かに面白い環境になると思います。
1からのデッキ構築が必要になってくると思うので、トップを目指すいい機会になるのではないでしょうか。
プロフィール

サウスピ団FB

Author:サウスピ団FB
サウスピ団福井県支部のOfficial Blogです.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
guest
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。