スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デッキ提案】高~中速マナティすいーと

アルティメットを入れる意味とは。
 
 
「続きを読む」で。
 
 

まずマナティすいーとは、最も防ぎにくい除去手段(だと思う)バウンスを主体とし、速攻をかけるデッキです。
大型のスピリットを採用するより、シンボルをたくさん並べることを優先します。
 
そんなわけで、現在のアルティメットを採用する場合は速度の低下は免れませんが、アルティメットを入れることでヴァルレオなどに詰まなくなるのは非常にいいことだと思います。
とりあえず現在のアルティメットで組むならコレ、ということで今後さらに優秀な速度を持つアルティメットやカードが出たらその都度デッキを更新していこうと思います。

ちょっと速度が落ちるのは確実なので、毒を食らわばブレイヴ枠をいぢる。
 
 
【中~高速マナティすいーと】
 
 
◆スピリット×22

ラルバ×3
ヘル・ブリンディ×2
メガ・ネウラー×2
オーシン×3
ヤミヤンマ×3
シュライクン×3
アルマジトカゲ×3
イグア・バギー×3
 
◆ブレイヴ×5
 
マナティ×3
グラウン・ギラス×2
 
◆アルティメット×3
 
Uオーディーン×2
Uジーク×1
 
◆マジック×10
 
ジュラシックフレイム×1
フレイムスパーク×2
ハンドリバース×3
ドリームホライゾン×3
ウィンドウォール×1
 
計40枚
 
 
使った感じは、同じブン回りなら紫の除去にはついていけない。赤に対してはオーシンが出れば強い。
ロロアイズや、エデンオーバーレイといった中~低速デッキ相手なら従来の戦法で勝てる。
といった感じ。


事故率を低下させること、あくまで速攻で押し切れるなら要らないことを考えてアルティメットは3枚。
Uオーディーンが3詰みでなく、Uジークを入れているのはアルティメットを採用する理由(BPの高い無限ブロッカーで詰まなくする)に応えるため。

ネクサス割りとUジーク召喚条件のために、グラウン・ギラス、フェニック・キャノン、アーケランサーのどれかを採用しようと思った。
マナティすいーとが危険視するネクサスは、
・低コスト、低BP、速攻メタ(青玉の巨大迷宮、オリンスピア競技場、獣の氷窟、氷結した瀑布など)
・召喚時効果無効(青玉の巨大迷宮、永遠なる水道橋など)
といったところ。
こういったネクサスを採用するデッキは、ネクサスを数枚並べてシンボルを稼ぎつつボードコントロールすることが多いので、(ヒドラ、ループなど)それに対抗できるグラウン・ギラスを選択しました。
 
ネクサス使わないデッキ相手でも完全に腐ることはないしね。
 
 
Sweet?
NO!すいーと!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サウスピ団FB

Author:サウスピ団FB
サウスピ団福井県支部のOfficial Blogです.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
guest
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。