スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードとか考察。これはひどい!今年もやるぞ!6色キャンペーン!

嫌な季節がやってきました。
 
6色キャンペーンのカードとかの考察。
「続きを読む」で。
 
 
 
 
今回の1000円キャンペーンは、

【魔龍帝アルティメット・ジークフリード】
アルティメット
7(4)/*/新生・龍帝
<1>Lv3 10000 <3>Lv4 15000 <4>Lv5 20000
【召喚条件:自分の*スピリット1体以上】
【Uトリガー】 Lv3・Lv4・Lv5『このアルティメットのアタック時』
Uトリガーがヒットしたとき、相手のスピリットにブロックされたら、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。
(Uトリガー:相手のデッキの1枚目をトラッシュに置く。そのカードのコストが、このアルティメットより低ければヒットとする)
Lv4・Lv5『このアルティメットのアタック時』
このアルティメットのアタックによって相手のライフを減らした時、相手の合体スピリット1体を破壊する。または、相手の合体スピリットのブレイヴ1つを破壊する。
シンボル:金




【不滅龍エターナル・ドラゴニス】
スピリット
7(3)/*/滅龍
<1>Lv1 5000 <2>Lv2 7000 <4>Lv3 9000
このスピリットカードは、相手のUトリガー/「デッキ破棄効果」によって自分のデッキからトラッシュに置かれたとき、コストを支払わずに召喚できる。
Lv3『このスピリットのアタック時』
自分か相手のアルティメットがいる間、このスピリットに*のシンボル1つを追加する。
シンボル:*


の2種。
6属性各色同名のカードで、配布される属性は店舗によって異なる。
1000円で2種1枚ずつではなく、公式に『※対象店舗にて、(株)バンダイより発売されているバトルスピリッツ アルティメットバトル01(自販機ブースターを除く)を1000円以上お買い上げで、超強力Xレアが1枚もらえます。』とあるので1000円につき1枚を選ぶっぽい。
 
 
くわしくはコチラで。
 
 
 
さて、まず「アルティメット・ジークフリード」について。
召喚条件は各色ごとに異なるが、【Uトリガー】の効果は各属性とも同じ。
赤属性の【Uトリガー】に似ているが、ブロックを強制しない点で異なる。
コスト7のアルティメットということで、ヒット率は高め。ただし、BPはコスト6のXレアアルティメットと同等で控えめな感じ。
Lv.4からの効果は「アタックによってライフを減らしたとき」なので、【Uトリガー】がヒットせず、なおかつブロックされなかったときに発揮することになる。
相手のフィールドに合体スピリットがいれば【Uトリガー】のヒットに成否に関わらず除去が狙える。本来スピリット除去が得意ではない黄属性や緑属性でも相手のスピリット除去が期待できるのは良い点。
ま、弱い効果ではないけど、このカードの持つ利点はコストと軽減シンボルかなといった感じ。

個人的には、「千貌の魔神ニャルラ・トラップ」を使いたいので青属性は是非とも欲しい。



 
「エターナル・ドラゴニス」はトラッシュからの召喚が可能な効果とシンボル付与。
自身の効果による召喚はほぼ相手のターンに行われる(自分のターンにデッキ破棄される場合もあるけどね。)。
また、コストが7なので現在判明しているアルティメットのトリガーは不発していることになる。
相手の【Uトリガー】で召喚に成功し、返り討ちにできればカッコイイんだけど、BPは残念なくらい低め。
シンボル付与は条件付きで、アルティメットがお互いのフィールドのどちらにもいなければバニラみたいなもん。
アルティメットがガンガン使われる状況でないと効果を活かせないし、アルティメットがガンガン使われてるフィールドならこのBPでは活躍は殆ど期待できない。
 
 
 
しっかり考えてみると、北斗のときのように「どうしても」というような感じではなさそうに思える。
ただブロックアイコンがしっかりついてるので、ブロックアイコン限定の構築戦なんかがあればお呼びがかかるかも。
 
さすがに各色2種それぞれ3枚で36000円のお金と足を使うかといったらそこまでする必要はないかもしれない。
財布、時間、好みなんかで選んでいきたい。
 
個人的には、U魔ジークは全部3枚ずつ揃えたいとは思う。
 
 
Sweet?
NO!すいーと!! 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サウスピ団FB

Author:サウスピ団FB
サウスピ団福井県支部のOfficial Blogです.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
guest
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。