スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒドラデッキの可能性を考える

Hi!
サウスピ団福井県支部の「丸顔なほう」、すいーとです。
 
 
ひとつ前の記事は4月9日に書き切りたかったところでしたが、深夜更新だったので今日もう一度記事を書かせていただきます。
 
今回は霊峰魔龍ヤマタノヒドラをメインに据えたデッキの可能性と、具体的なパーツを列挙していきます。
かなりのボリュームになるので、ゆっくり読んでいってね!
 
まず、すいーとはいろいろとデッキを組んで、回してみました。
その中で、勝率が乏しくなかったものを、感想を交えて紹介していきます。
デッキ内容を全て書く気力は無いので、メインのパーツと流れのみ記述します。
 
その1.青ネクサスガン積みタイプ
 
SBでも確認したタイプです。
 
オリンスピア競技場、青玉の巨大迷宮、未完成の古代戦艦:羅針盤などのネクサスを大量に積み、ストロングドローやマジックランプ、テクノヒュードなどでデッキを掘っていきます。
ヒドラが落ちれば、リバイヴドローなどで拾います。
最大軽減からヒドラを召喚し、マッシブアップ、ギャラクシーエターナルレクイエムでレベルアップした後はどんどん殴っていきます。
 
最速パターンでは後述の異合タイプに劣り、柔軟性、打点では他のどのデッキにも劣ると感じました。
このデッキの良い点は、短時間で大量のネクサスを配置できるところです。
つまり、複数のヒドラを活用する場合において、他のデッキより優位に立てるといえます。
 
レベルをマジックで上げるので、アタックが絶甲氷盾などで防がれてしまうと、相手のターンで簡単に除去されることがあると思います。そういうとき、後続をどんどん出せることが利点になります。
 
 
その2.異合タイプ
 
海底に眠りし古代都市、スタッガー、シュモンゴを利用してシンボルとコアを稼ぎ、マジックによってヒドラのレベルを上げます。
以下は最速パターン(2手)の一例です。

手札
古代都市×2
スタッガー×2
 
初手
ドローステップ⇒ヤマタノヒドラ
古代都市配置でターンエンド
 
この時点で手札4枚・4コア・青シンボル1コ
 
2手目(ファイナルターン
ドローステップ⇒ストロングドロー
コアステップ(コアはリザーブに計5コ)
0コスト⇒スタッガー召喚(1コアブ)
古代都市をLv.2にアップ
1コスト⇒古代都市配置
0コスト⇒スタッガー召喚(2コアブ)
 
この時点で手札はヒドラ・ストロングドローの2枚
フィールドのコア7。青シンボルは古代都市の効果で計6コ
 
2コスト⇒ヒドラ召喚
1コスト⇒ストロングドロー
ネクサス×2とストロングドローをドローして、ネクサス2枚を破棄
1コスト⇒ストロングドロー
ネクサス×2とストロングドローをドローして、ネクサス2枚を破棄
1コスト⇒ストロングドロー
ネクサス×2とマッシブアップをドローして、ネクサス2枚を破棄
 
0コスト⇒マッシブアップをヤマタノヒドラに使用。
 
ネクサスはフィールドに2枚、トラッシュに6枚。
これで【強襲:8】可能。
 
 
もちろん、ここまで上手くいくことはかなり稀です。
しかし、ヒドラの高速召喚という点で抜群であることは確かですので、速さを求める方には合っているのかもしれません。
 
以上で青主体のヒドラデッキ2種を紹介しましたが、すいーとは速さより安定を求めるので、このテのデッキは強力とワカっていても使いません。2手キルなんてノブナガード・ゼクストや01ウィニーでも行えるワケですし。
 
 
その3.サウスピ団FBタイプ
 
別にサウスピ団が確立したワケではありませんが、他に呼び方が思い当たらないのでここではこう呼ばせていただきます。
 
一例として、すいーとのデッキを公開します。
デッキはこちら
 
ネクサスでハンドアドをとっていきます。ライフ減少の回数だけになるので、星空の冠Lv.2、シーマ・クリークで、一度に喰らうダメージを1に抑えていきます。
手札を整えたあとはヒノキ・ゴレムを召喚し、青シンボルを大量に稼ぎ、ヒドラに繋ぎます。
レベルアップは聖鎧獣アメミードで行います。黄のネクサスの採用がここで活きます。
 
すいーとの場合はコアブギミックのために颶風ガルードを採用していますが、トパーズの流星、フルアッドを採用してもいいかもしれません。
 
仲間内で研究しているために、サウスピ団のヒドラデッキはこのタイプに片寄っています……
と、いうかすいーとのデッキとれーばさんのデッキが偶然一致しちゃったんですよ。
デッキの安定感、自由なスペースは随一なので、これがひとつの「答え」なのかもしれません。
 
課長もデッキを公開してくれるかな?(チラッ)
 
 
その4.白タイプ
 
SNSで「なるほど」と思ったことがあったので、組んでみました。
白き楯の長城、千年雪の尖塔、セイリュービ、バラガンのコントロールで場を保ち、ヒドラに繋げていきます。
長城によるラークドライブ効果は、ライフダメージを防ぐにはトップクラスの防御力です。
 
参考にさせていただいたレシピにはありませんでしたが、ヒノキ・ゴレムでの高速化と、メガバイソンでの防御力追加を採用してみました。
後者は以前の3つのデッキタイプでは軽減シンボルの関係から採用しづらかったですが、白軸であれば気軽に採用できます。
侵されざる聖域の弱点である赤マジック…特に合体したヒドラの天敵中の天敵である覇王爆炎撃を防ぐということ、さらに聖域が無いときの【装甲:赤/緑/白】は、主要な除去・疲労バースト効果を防ぐのに非常に役立ちます。
 
白ネクサスによるネクサスバウンスは同系メタにもなります。ヒドラ同士の対決になった場合は無類の強さかもしれません。
 
 
その5.黄ネクサスガン積みタイプ
優秀な効果を持つ黄のネクサスを大量展開し、ヴィエルジェでロックをかけていきます。
星空の冠、定規山脈、星宿の障壁、黄金の鐘楼、太陰の宮廷、運命のルーレット、トパーズの流星……と、挙げればキリがないほどですが、これらの中から、枚数に気をつけて採用するといいと思います。
 
星宿の障壁はピン~2枚で充分だと思います(すいーとはピンで大丈夫でした)。
強力なのはトパーズの流星。フルアッドとのコンボでコアを稼ぐのにも役立ちます。
ライフ回復が行えるので、星空の冠、運命のルーレットが活かしやすいのが特徴。手札増強後はヒノキ・ゴレムとアメミードによってヒドラの召喚とレベルアップを行います。
 
中盤まで持っていくことができれば、簡単には突破されません。
序盤の攻勢をどう凌ぐかが問題になります。
 
 
 
需要があればデッキを公開していこうかなと思いますが、ま、無いでしょう。
 
自分で最もしっくりくるものを使っていると思っていただければ、すいーとのヒドラに対する答えは3・4(特に3)であるということです。
 
 
ヒドラへの持って行き方、活用の仕方は人それぞれですから、それぞれの答えを見つけていただけたらと思います。
 
Sweet?
 
NO!すいーと!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サウスピ団FB

Author:サウスピ団FB
サウスピ団福井県支部のOfficial Blogです.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
guest
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。