スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ提案2つ:エンタープライズ、Uベルゼ

[バトルスピリッツ]サウスピ団FB Part46

昨日うpしました。
積み込みを疑うコメントがありますが、【オンステージ】持ち/先のスピリットを「3:2」もしくは「3:3」で入れておけば、(動画の3戦目のような)初手事故でもない限りぬるぬると動いてくれると思います。
デッキを全体的に見てちょっとスピリット多めかなと思うくらいが丁度いいんじゃないかな。
オンステージは楽しいので是非お試しください。
 
 
エンタープライズのデッキと、いつもの紫デッキの調整版は「続きを読む」で。
 
 
 
 
【エンタープライズ】
 
◆スピリット×15

エンタープライズ×3
ネロ×1
フィランダー×3
シーマ・クリーク×2
アーチボルド×3
ゲッコ・ゴレム×3

◆ブレイヴ×8

ミッドナイト・サン×2
メイルシュトロム×2
バルカン・アームズ×1
深海竜ラブリス×1
グラウン・ギラス×2
 
◆ネクサス×6

ナウマンシティー×3
狩り場×3

◆マジック×11

エグゾ-ステッドガード×1
オーバードライブ×2
絶甲氷盾×3
ディバインチェイン×2
ストロングドロー×3

計40枚

◆アルティメットの採用は無し。手札交換効果を使って早期のエンタープライズ召喚を目指す。

エンタープライズの悩みどころである「BP比べ回避のためのマジック使用」はネロかディバインチェインで縛る。
ネロの場合、フェーズチェンジやデルタバリアを撃たれる心配は殆どなくなるため、両方がある場合はネロを優先して使いたい。
 
エグゾーステッドガードが手札にあればエンタープライズでフルアタックしてもおk。

◆弱点は黄属性によく見られるアンブロッカブル効果。白属性のUイグドラシルや、紫属性のザンデ・ミリオンも対処するのが難しい。 
 
 
 
 
【B.86W.57H.87】
 
◆スピリット×18

アルデウス×3
アイニ×2
ペンドクルス×1
ダークネス・メア×2
エサルフリーダ×2
シキツル×3
ボーン・トプス×3
ソウルホース×2

◆ブレイヴ×4

シオン×2
ペンドラ×1
アビス×1

◆ネクサス×7

灼熱の谷×1
地下帝国×3
摩天楼×3

◆マジック×8

吸血爪×2
ドリームネビュラ×2
絶甲氷盾×2
スパイラルヴェイン×2

◆アルティメット×3

Uベルゼ×3
 
計40枚
 
◆ドロー過多、オーバーキルになりがちだった今までの構築では、特定のメタに引っかかると一気にパワーダウンする弱点があった。

まず、アビス・アポカリプスは「決戦時のマジック」のような扱いだったため、初手で引いてしまうとしばらく手札で腐る(しかも棄てづらい)弱さがあるため1枚に。

アビスを1枚にしたため、ネクサス対策はネガ・テュポーンによる3枚一気バウンスからエサルフリーダやボーン・トプスによる消滅/破壊で処理する方向に。
ボーン・トプスならダークネス・メアの効果でアタックステップ中に召喚できるので、甲竜の狩り場などのネクサスを処理できる。
エサルフリーダは一時的にネクサスのLvを下げたり、または消滅させることができ、アルデウス・ヴァイパーのアタック時効果をネクサス処理に使うようにすることもできる。水道橋の処理に便利。
 
エサルフリーダと吸血爪のコンボで【装甲:紫】持ちのスピリットを除去できる。
 
マジックはこのデッキの速度を落とすのでより控えめに。
今の環境ではシキツルや摩天楼を出した時点でマーク・オブ・ゾロがデッキに入っていることを警戒されるので、ゾロは全抜き。
 
対エンタープライズ決戦兵器としてスパイラルヴェインを採用。
色を消す効果だけでもエンタープライズ対策としては決定的な上、【連鎖】を使うことができれば甲竜の狩り場など邪魔なネクサスも処理できる。
ただ、相手のターンで有効に使えるマジックではないので、エンタープライズデッキかなと思ったらUベルゼビートの召喚を急ぐといったプレイングでまずは場を整えること。

色を消す効果は工場島を採用した白紫デッキに対しても有効に働く。


Sweet?
NO!すいーと!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サウスピ団FB

Author:サウスピ団FB
サウスピ団福井県支部のOfficial Blogです.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
guest
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。