スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(訂正あり)ここ最近のナビ(デザイナー確認)まとめ

◆龍面鬼ビランバ
Q相手のフィールドにサードアイズがいるとき、わざと自分がコアブ効果を使ってビランバを宣言可能か
Aいいえ。サードアイズの効果はコアの行き先を変更する効果なので、相手はコアを増やす効果を使用していません。

※ビランバの効果は、「相手が相手の効果によってコアステップ以外でボイドから相手のライフ/フィールド/リザーブ/トラッシュに置いたとき」のみ発揮する。

◆五角形の砦
Q自分の場に五角形の砦、相手の場にオリンスピアがあるとき、自分のメインステップでスピリットの効果でスピリットを召喚できますか。
A五角形の砦などで手札が保護されているとき、なおかつ効果を発揮するスピリットが【装甲:青】やネクサスの効果を受けない状態なら召喚できます。

※次のヒョウジンドラゴンと合わせて解説

◆ヒョウジンドラゴン
Q相手のヒョウジンドラゴンの一騎討の追加効果が発動しており、自分の五角形の砦があるとき、自分はコスト4以下のスピリットを召喚できますか。
A可能です。

Q相手のヒョウジンドラゴンの一騎討の追加効果が発揮しているとき、自分がデッキを2枚以上破棄して紫煙獅子を召喚しようとすることは可能か。
Aいえ。できません。

※ただし、ヒョウジンドラゴン&紫煙獅子の裁定は過去の裁定と整合性がとれていない部分があり、今後裁定変更があるかもしれないとのこと。
どこに問題があるかは回答できないとのことでした。

☆「スピリットの召喚制限効果」について
スピリットの召喚に制限を設ける効果には「プレイヤーを対象にしている効果」「カードを対象にしている効果」があり、それによって「その制限を防げるか」、「コスト変更効果が適用されるか」、「バースト効果を対象にとれるか」に違いが生じる。

現行のカードでは、「召喚するとき」の一文が含まれている召喚制限効果はプレイヤー対象であり、それ以外の効果はカードを対象にとるように統一されている。すなわち、

紫煙獅子・超時空重力炉・アトライア海帝国などは「召喚するとき」のテキストであり、プレイヤーを対象にとっている。
これらの効果は「手札保護効果では防げない」・「コストを参照するとき、元のコストを参照する」・「プレイヤーを対象にとるため、『効果』の中に『バースト効果』を含む」特徴がある。

よって紫煙獅子は「バースト効果」の一文がなくともバースト召喚に対応しているし、マキシムスは超時空重力炉には引っかからない。

オリンスピア競技場・銀狼公バイ・レアン・ヒョウジンドラゴンなどは「召喚するとき」のテキストが無く、カードを対象にとっている。
これらの効果は「手札保護あるいはカードの効果で防げる」・「コストを参照するとき、変更効果があれば変更後のコストを参照する」・「カードを対象にとっているため、『バースト効果』と書かれていない限りバーストは対象にとらない(ただし、ヒョウジンドラゴンやサンゾールの効果は召喚自体を制限するため、バーストによる召喚も含む)」特徴がある。

バイ・レアンの効果は「効果でスピリットを召喚しようとしているカード」を対象にとっているため、そのカードがバイ・レアンの効果を受けなくなっており、なおかつ自分の手札が五角形の砦などで守られている状態であればこの効果を受けずスピリットをノーコストで召喚できる。
例えば、自分の場に五角形の砦・侵されざる聖域・始甲帝があり、相手の場にバイ・レアンがいる。始甲帝の効果はスピリットをノーコスト召喚するものではあるが、【装甲:青】によってバイ・レアンの効果を受けず、五角形の砦によって召喚したいスピリットもバイ・レアンの効果を受けない状態になっているため、この場合は効果を使用できる。

◆リョウダンオウ
Qリョウダンオウのアタック時効果でアタック中のリョウダンオウに直接合体するよう召喚したライトニングシオンの召喚時効果は重装甲で防げますか。
Aいいえ。無色の合体スピリットのブレイヴの召喚時効果なので防げません。

※合体スピリットになった時点で先に無色効果を発揮させ、その後召喚時効果を発揮するよう宣言すればこうなる。

Qリョウダンオウのアタック時効果で白以外のブレイヴを自身に直接合体するように召喚した場合、自分のゴッドゼクスのLv.2効果は発揮するか。
Aはい。ターンプレイヤーが解決順を指定するので、合体の後にゴッドゼクスの効果を発揮・解決できます。

☆アタック時効果の発揮タイミングについて
アタック時効果には、「アタック中常時発揮するもの(ただし解決するタイミングは1回)」「アタックした瞬間に即時解決し、その後のタイミングでは発揮しないもの」がある。
前者は「BPやレベル、色を変更する効果(要するに、物理的にカードに書かれた情報を変更する効果)」「バーストを発動できないあるいは○○のマジックを使用できないなどのプレイヤー対象効果」があり、後者はドロー、破壊、消滅など「カードやコアの移動(召喚なども含む)・状態変更する効果」「ステップ追加・削除」がそれにあたる。

例えば、ローゼンベルグの「BP+10000」効果はアタック中常時発揮するものなので、アタック中にLvが1から2になったらその時点からでも発揮する。ただし、【連鎖】のドロー効果は即時解決する効果なのでアタックした瞬間に発揮されなかった場合、その後のレベル変動で発揮することはない。


ゴッドゼクスのLv.2効果は即時解決の効果であるため、先述のリョウダンオウ合体のQAと矛盾するように見えるが、この場合ゴッドゼクスは既に場にあるカードのため、「アタック中に発揮条件を満たした場合は発揮する」待機状態となる。よって、アタック時効果によって色が2色以上になった場合は発揮する。

似た例にクワガスレイヤーの効果によって召喚されたカラクリオオカミのアタック時疲労効果があるが、これは「アタックした瞬間にカラクリオオカミがいない」ため、即時解決の条件を満たしておらず、発揮しない。
ゴッドゼクスとは「アタックした瞬間に場にいるかどうか」の違いがある。

◆剣聖姫ツル
Qツルの起導によってツルがレベル1に下がった場合、アンブロッカブル効果は有効か。
Aいいえ。無効となります。

※始甲帝のように即時解決される効果はレベルが下がるように発揮しても有効だが、シグレやツルのようなその効果がバトル中持続するような効果の場合無効となる。

Qツルの起導によって、ツルがレベル1に下がった場合、その後なんらかの効果でツルがレベル2以上になったときアンブロッカブルは有効になりますか。
Aはい。

※当然こうなる。

Sweet?
NO!すいーと!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

質問させてください。

いつもブログ拝見させていただいてます。
少し引っかかったことがあるので質問させていただきます。

「アタック中常時発揮するもの」のなかに「色を変更する効果」と書かれていますが、例えば暗殺者ドラゴナーガのLv2アタック時効果により無色になり、アタック中Lvが下がった場合、「アタック中常時発揮するもの」なのでLv1の状態でも無色として扱うということなのでしょうか?私は、ムドウもそうですがアタック中にLvが下がった場合は紫として処理していました。

ついでにもうひとつ「ローゼンベルグの「BP+10000」効果はアタック中常時発揮するものなので、アタック中にLvが1から2になったらその時点からでも発揮する。」というのはデザイナーの回答なのでしょうか?私はBP+効果は即時発揮なのでLvが下がったとしても「すでにBPが+10000されているのでBPが下がらない」という処理をしていましたので何か引っかかるものがありました。

長文失礼しました。

〉 猫人様
コメントありがとうございます。
まず、「アタック時に常時発揮する効果」は、その効果が発揮されるレベルでなければ発揮されません。

同記事の剣聖姫ツル(或いは機巧将シグレ)のアンブロッカブル効果がレベルの上下で効果を得たり失ったりするのと同様に、暗殺者ドラゴナーガの効果もレベル2からレベル1になった場合は失われます。

ローゼンベルグについてはレベル1のアタック時にレベルが2になったとき、BP+効果は発揮されるかという質問でデザイナーの確認がとれております。

No title

回答ありがとうございます。

ローゼンベルクの件、私が記事内のLv1とLv2を間違えて逆に読んでいました。
読み間違えていれば何か引っかかるのも当然です。お恥ずかしい。
変な質問をしてしまい申し訳ありませんでした。
プロフィール

サウスピ団FB

Author:サウスピ団FB
サウスピ団福井県支部のOfficial Blogです.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
guest
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。