スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのリペイント!ナーフエリートクロスボルトをスチームパンク風に塗ってみた。

ナーフってなあに?と思った方はコチラの記事を先にお読みください。

今回はナーフエリートクロスボルト↓
502915500AM.jpg

こちらをスチームパンク風に塗ってみたいと思います。
ちなみに、プラモと無縁のまま育ってきたぼくはこれが塗装初挑戦です。
めっちゃワクワクしながら作業しました。「続きを読む」でどうぞ。


これが今回塗装する、「ナーフエリートクロスボルト」です。
R0040655.jpg

弓がついてないって?
実はこの弓、「一度取り付けると外せない仕様」になっているので、塗装する前に取り付けするわけにはいかんのです。

R0040658.jpg

まずは分解。ネジを外していきます。ネジを無くさないよう注意するのはもちろんですが、3カ所だけ他のネジと長さが違う部分があるのでメモしておきます。

R0040659.jpg

複雑なトリガー機構が現れました。正直「ヤベェな」と思いました。
これ組み立てできんの?しかし、トリガーは塗らないといけないので、分解せざるを得ません。

R0040668.jpg

バネがいっぱい…
無くさないよう、注意して外します。このとき、けっこうキツキツに収納されているバネがあるので、弾かないようにしなければなりません。

マガジンは接着剤が使われている部分があるらしく、分解できませんでした。仕方ないので、失敗しても精神的ダメージが少なそうな、6連発マガジンをそのまま塗ります。

さて、分解できたらいよいよ塗装です。

ここからは塗装に夢中だったので極端に写真が少ないですがカンベンな~

道具は以下の通り
R0040677.jpg

・シリコンオフ
・ミッチャクロンマルチ
・つや消し黒スプレー
・つや消しクリヤースプレー
・ラブ&バフ・リーフゴールド
・同、シルバー
・同、スパニッシュコッパー
・同、ルビー
・食器用スポンジ
・写真にないけど手袋

1.脱脂
まずは塗装するパーツをシリコンオフで脱脂します。
食器用洗剤で洗うだけでもOKという情報もあったんですが、シリコンオフ自体がそんな高くなかったし、ぼくの手はかなりの脂性なのでわざわざ使ってみました。でもホント、食器用洗剤で足るならそれでいいと思います。

2.ミッチャクロンマルチを吹く
プラスチック面への塗装の「ノリ」を良くするために、本来ならサンドペーパーでヤスリがけをするらしいのですが、ぼくはせっかちなのでイヤでした。
ミッチャクロンマルチを使うことでペーパー研ぎなしで塗料が乗るようになるそうなので、そうします。

3.つや消し黒を吹く
下地になる、マット感ある黒をスプレーします。なにしろ初めてなので最初に吹いたやつは厚塗りになってしまい、乾くまでたいそう時間がかかりました。
ミッチャクロンマルチのおかげか、全てのパーツに問題なく色が乗りました。

4.ラブ&バフを塗る
ここが一番楽しい作業でした。
ラブ&バフをスポンジに少量(ホント、めっちゃちょびっとで良い)とり、下地がかすれて見えるくらいにうす~~~~く塗っていきます。
ラブ&バフは、開封直後はなんか変な汁が出てくるので、固形分が出るまでは要らない布とかにとったらいいと思います。
CYqxQT6UAAET2QX.jpg
いい感じ。
「かすれて見える」どころか、黒い部分を残してもいいくらいです。ムラっ気上等です。

ちなみに、あらかじめどの色をどの部分に塗るかは紙にメモしてあります。
今回は「銀の弓」にしたかったので、以下の通りにしました。

・弓と銃口とトップ…シルバー
・トリガー周辺…リーフゴールド
・ボディとマガジン…スパニッシュコッパー
・コッキングするとことトリガーとマガジン外し…ルビー(さりげない差し色にしたかった)

ルビーだけは、他の塗料と成分が違うのか、下地の黒を一部溶かしてしまいました。乾きが弱い部分がそうなったのか、強くこすった部分がそうなったのかはよくわかりませんが、注意すべき点です。
ミッチャクロンマルチのおかげか、黒がハゲてもその上にルビーを塗ることはできたので、そこは少ししっかりめに塗料をつけておきました。

ルビー以外のラブ&バフはいずれも黒を溶かすことなくちゃんと塗れました。

CYq_mnYUsAAX4JJ.jpg
この写真にある「筒」は、後で組み立てたら「塗らなくていいパーツ」だったことがわかりました。こんな無駄なことをしないよう、分解前の写真もよく見ておくことですな。

5.つや消しクリヤーを吹く
塗装の仕上げにつや消しクリヤーを吹きます。つや消しクリヤーが下の塗装を溶かしたりすることはなく、ちゃんと塗ることができました。

6.組み立てる
一番難しいとこでした…
とにかくトリガー機構が複雑で、小一時間経ってようやく組み上げられました。分解するときは、イヤっちゅーほどメモをとっといたほうがいいですね。死ねます。バネ一個無くしたし。
無くしたバネは、以前解体・改造した別のナーフで余ったものを流用しました。(その後、バネは嫁が見つけました)

トリガー部分が組み立てられたらあとは簡単です。弓もしっかり取り付けて…あ、ネジ1本余った(もういいや)。

組み立てたら全体を見て、若干の塗りもれがあったので、耳なし芳一にならないよう最後の仕上げをします。
各塗料(スプレーもふくむ)をスポンジに少量とって塗ることで、細かい部分の補正ができました。
そしてついに

完成!!!!!!CYrxsccUMAAw0NQ.jpg
CYrxTsHU0AAIY_g.jpg

R0040674.jpg
R0040676.jpg

いかがでしょーか。スチームパンクな雰囲気が伝わるでしょーか。
ぼくは初作品ということもあってめっちゃ気に入ってしまいました。

絵の具もスプレーもしっかり余ったので、また新しいナーフを買ってリペイントを楽しもうと思っています。
新年に入って、新しいスローホビーを見つけられて大満足です!

Sweet?
NO!すいーと!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サウスピ団FB

Author:サウスピ団FB
サウスピ団福井県支部のOfficial Blogです.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
guest
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。